Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

年老いて、誰とつながっているか。

人が生きていくのに必要なものは、なんでしょうか。

住むところや食べものを確保するための「お金」、笑い合い、語り合える「友だち」、朝起きてから夜寝るまでの「やること」......

原田ひ香さんの『一橋桐子(76)の犯罪日記』

老親の面倒を見てきてた桐子は、 気づけば結婚もせず、76歳になっていた。両親をおくり、わずかな年金と清掃のパートで 細々と暮らしているが、貯金はない。同居していた親友のトモは病気で 先に逝ってしまった。 唯一の家族であり親友だったのに……。 このままだと孤独死して人に迷惑をかけてしまう。

絶望を抱えながら過ごしていたある日、 テレビで驚きの映像が目に入る。 収容された高齢受刑者が、 刑務所で介護されている姿を。

これだ! 光明を見出した桐子は、 「長く刑務所に入っていられる犯罪」 を模索し始める(徳間書店HPより) 

一橋桐子(76)の犯罪日記 (文芸書)

刑務所で余生を送るという選択

76歳の桐子の刑務所に入りたい願望は、他人事とは思えません。

仲の良い友だちが亡くなれば気弱になるものだし、いまや、年金だけでは老後の生活を賄えないことが公然の事実。

住むところと食べものが確保できて、さらに寝たきりになったら介護してもらえる...刑務所に入った方が先行きの不安から解放されて楽になれそうです。

「刑務所で暮らすのはどう? 何して生きていくかを悩まなくて済むよ」 身近な人に聞いてみたところ、「それでは何のために生きているのか分からない」という答えが返ってきました。

なるほど、刑務所暮らしは、将来の不安から解放された気楽な余生というよりも、文字通り、死を迎える前の余った日々になりそうです。

迷惑?いいえ、誰とつながりたいか 

桐子の刑務所暮らし願望の根底にあるのは、迷惑を掛けられないという想いです。しかしその一方で、親友が病に倒れて子どもに引き取られた際、看病したかったと嘆いています。 

毎日の食事を欠くほど困窮しているのに、親兄弟に照会されるのが嫌で生活保護を受けない人の話を思い出しました。悲しいことに、親兄弟がこの人にだけは頼りたくない、弱みを見せたくないという相手になることがあります。

桐子の場合は、両親の介護や遺産をめぐって仲違いした姉。行き来が途絶えた姉の子どもを頼るのは、もってのほか。

私たちが生きていく中で、人と関わり、世話をしたり、してもらったりしながら、絆を築いています。親しい人が困っているのなら、力になりたくなるものですし、頼ってもらえなくて傷ついたりもします。

つまり、迷惑という言葉が出てくるのは、助け合う間柄にない相手に助けを求めたり、求められたりする場面。つながりたくない相手とつながってしまう場面です。

いま、そしてこれから、誰とつながっているかを考えたいです。

 

【こちらの記事もどうぞ!】

bookinlife.hatenablog.com

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。