Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

命の価値が変わるとき

再び、感染者数が増加傾向に転じてしまいました。家に閉じこもる人がいる一方で、まるで他人事のように、頑なに生活を変えようとしない人もいます。

恐らく、大半の人は感染しても軽い症状で済むけれど、急激に重症化する人もいるという両極に別れる状況で、後者をどうとらえるかによって行動が変わるのです。

きょうは、命をテーマに紹介します。

 

映画『プライベート・ライアン(Saving Private Ryan)』(スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクスさん主演)

第二次世界大戦中、ライアン家の男4兄弟のうち3人が同時期に戦死し、一人は行方不明であることが分かります。最後の一人、ジェームズ・ライアン二等兵を無事に家に帰すように命じられた、ミラー大尉率いる救援隊のストーリー。 

プライベート・ライアン (字幕版)

プライベート・ライアン (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

死を悼む想像力が命の価値を押し上げる

ライアン二等兵の救出という任務は、合理的な判断に基づくものではありません。

ミラー大尉は、部下を亡くす度にその数よりも多くの人を救ったと自分に言い聞かせていると言いますが、この任務には当てはまりません。ひとりの命のために、救命隊8人の命をリスクにさらしています。

救出隊の兵士たちは、なぜ彼なんだ?自分たちにだって母親はいるんだと不満を漏らします。ライアン二等兵がどんな人物か、能力や人となりは、全く考慮されていません。

3人の息子の戦死を知る母親はどれほど悲しむことだろう、お気の毒だと気持ちを思いやったことで、4番目の息子の命を何としてでも助けたくなったのです。

 

近藤史恵さんの『私の命はあなたの命より軽い』

遼子は出産のために実家に戻って、結婚前と家族の様子が異なることに気づきます。我が家のアイドルだった妹と両親の間には会話がなく、両親は終の棲家として購入した新築の家を売ろうとしています。

仲の良かった家族はどうなってしまったのか。自分の知らないところで何があったのか。妊婦に忍び寄るサスペンス・ストーリー。 

私の命はあなたの命より軽い (講談社文庫)

私の命はあなたの命より軽い (講談社文庫)

  • 作者:近藤 史恵
  • 発売日: 2017/06/15
  • メディア: 文庫
 

愛おしく想う気持ちが命の存在を認識させる 

ネタバレを避けるため詳細には触れませんが、望まれて誕生する赤ちゃんと、歓迎されずに葬られる命の違いを考えさせられます。

妊娠中絶は、一概に良いとか悪いとか決めることはできません。 

ただ、妊娠を喜ばれている状況では、たしかに命が存在しているけれど、厄介だと受け止められている状況では、命の存在は認められていないと言えます。

 

*まとめ* 

すべての命が尊いと頭ではわかっていても、敵と捉えたら平気で殺せるし、自分とは無関係と捉えたら、 気の毒とも思わないし、助けようという発想にもなりません。自分や大切な人と同じ人間だととらえたときだけ、 行動が変わります。

 

【こちらの記事もどうぞ!】 

bookinlife.hatenablog.com

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。