Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

贅沢ランチにピッタリ!『古書カフェすみれ屋』の「オムレツサンドイッチ」 ~サンドイッチのカタチをめぐる考察~

こちらの記事で紹介した『古書カフェすみれ屋』に出てくる「オムレツサンドイッチ」を作りました。料理上手なオーナーすみれさんが、自分だけのために作っているスペシャルメニューです。 

ふわふわのオムレツとシャキシャキのきゅうりが絶秒にマッチして、ちょっと贅沢なランチにピッタリです。お試しください。

bookinlife.hatenablog.com

  

オムレツサンドイッチ

オムレツサンドイッチ

オムレツサンドイッチ

材料:

  • 角型食パン 2枚
  • きゅうり
  • 生クリーム
  • 無塩バター、バター、マヨネーズ

 

作り方:

  1. たっぷりの卵をといて塩を振り、生クリームを少々加えます。
  2. 無塩バターを溶かしたフライパンで、1を手早くオムレツにして粗熱を取ります。
  3. きゅうりを薄くスライスして塩を振り、水けをきります。
  4. 角型の食パンの片面にバターを薄く塗ります。
  5. 4に3のきゅうりを並べ、2のオムレツを載せます。
  6. 4とは別の食パンの片面にマヨネーズを塗って、5に重ねます。
  7. 6のパンの耳を切り落とします。

 

試作中メモ:

サンドイッチのカタチをめぐる考察

あなたがお家でつくるサンドイッチは、どんなカタチをしていますか。

パンの耳を残すか?切り落とすか?

今回、「作り方7.パンの耳を切り落とす」を省略しました。その心は、切り落としたパンの耳がもったいないから。パンの耳をそのまま食べるのは気乗りがしないし、油であげてスナックにするという手もあるけれど、ちょっと面倒。パンの耳は、残すのを基本にしたいです。

サンドイッチをカットするか否か?

パンの耳は残すことにしたら、次はサンドイッチをカットするか否か。

一切カットせずに、食パン2枚に具をはさんだ状態でかぶりつくのも豪快で悪くないけれど、レディらしくありません。お上品に取り澄ますつもりはなくとも、食べきるまで、飲み物に手を出せなくなります。食べかけをお皿に置くと、具がぽろりとこぼれてしまいますからね。

サンドイッチをカットするなら、そのカタチは??

すなわち、サンドイッチの大きさは、飲み物や、一緒に食べるもの(サラダ、ポテトフライ、ピクルス)を口に運ぶタイミングにマッチしているのが望ましいです。2口から、せいぜい5口くらいで食べきれるくらい。

パンの辺に並行にナイフをいれて、長方形2つか、四角形4つにするか。斜めにいれて、三角形2つ、もしくは4つにするか。どちらが良いのでしょうか。

結論を言ってしまうと、写真のような三角形がおすすめ。三角形の方が、パンの耳が残っているのが気になりません。完全に個人の感想ですね、失礼しました。

両方つくって、食べ比べてみてください~。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com  

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。