Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

シングルマザーにエールを送ろう

今どき、シングルマザーは珍しくないけれど、依然としてシングルマザーの子育て事情には困難がつきまとっています。

きょうは、妊娠をテーマに紹介します。 

 

垣谷美雨さんの『四十歳、未婚出産』

四十歳を目前にした宮村優子は、酔った勢いで部下と一夜を共にし妊娠します。産むか、産まないか。相手に伝えるか、伝えないか。ゆっくり悩んでいる間もなく、妊娠の事実が知られ、 部下の彼女から執拗な詮索、上司から退職勧奨を受けるようになります。そこで優子はどんな行動を取ったのでしょうか。 

四十歳、未婚出産

四十歳、未婚出産

 

日本では、決まった型から外れると途端に生きにくくなります。子供のことで言えば、万人から祝福を受けるのは、結婚した若い男女の間に生まれる赤ちゃんで女が子育てに専念する場合以外はむずかしいようです。

「将来の日本を支えて立つ子供を育てているんだって思わなきゃ、やっていけないわよ」
「結局は子供たちの世話になるんですよ。日本人みんなが」

これは周囲の理解を得られず 、仕事と育児の両立に奮闘する女性が自分に言い聞かせている言葉です。

子どもを持つ女性を優遇すべきとは思いません、それは子供の有無で女性に優劣をつけることにつながりますから。けれど、子どもを持つことでハンデを負ったり、ハンデの大きさを恐れて子どもを諦めるような現状は、何とかしなければなりません。

 

甘糟りり子さんの『産む、産まない、産めない』

出世と出産の選択を迫られるキャリアウーマン、義母からの跡取りを求める圧力に押しつぶされそうな嫁、待ち望んだ妊娠の先にあった胎児の死など。妊娠と出産をめぐる女性の選択を描くオムニバスストーリー。 

産む、産まない、産めない (講談社文庫)

産む、産まない、産めない (講談社文庫)

 

身内にダウン症の赤ちゃんが生まれたことにショックを受けた女性が、ようやくあるがままを受け入れられるようになったときに、こう言います。

妊娠したら産めばいいし、機会がなかったとしても後悔する必要もない。ないものばかりを捜す毎日はつまらないし、手にしたらきっと他のものが欲しくなる。

あるがままに。

産むか産まないか。それは女性の自由選択のはず。ついつい、いろんなことを考えてしまいがちだけれど、もっとシンプルにとらえた方が上手くいく気がします。本人も、周りの人もね。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。