Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

賢いお金の使い方を知りたい

きっと、あなたも賛成してくれるはず。わたしたちの人生で一番大事なものは、お金ではありません。けれど、私たちの暮らしにはお金が不可欠であることもまた事実です。

私たちはお金にどう向き合い、付き合っていけばよいのでしょうか。 

 

 原田ひ香さんの『三千円の使いかた』

20代の次女、30代専業主婦の長女、50代の母、70代の祖母、御厨家の女性たちが結婚、離婚、病気、介護などをきっかけに、お金に向き合って行動を起こすオムニバスストーリー。 

三千円の使いかた (単行本)

三千円の使いかた (単行本)

 

次女の美帆が、保護された犬猫を育てるボランティアに出会ったことをきっかけに、自分の生活に必要なものに気づく場面があります。

ふっと、気づく。ここに書かれていること(犬猫の里親になる条件)は、保護犬だけじゃなく、自分にも必要であることに。

飼育できるような「家」、健康な「身体」、そしてもちろん「お金」。すべて、保護犬を飼おうと飼うまいと必要なことだ。

改めて気づくことでもない、当たり前だと思いますか?

でも、お金がなければ食べ物も買えないよねーという社会ルールを理解するのと、自分の生活に月にいくら必要かを知るのには大きな隔たりがあります。

これが分かると行動が変わります。美帆は、住む場所は賃貸か購入か。マンションか一戸建てかを考え始めます。 

そして行動を起こすときに覚えておくべき大事なことがあります。

お金や節約は、人が幸せになるためのもの。
それが目的になったらいけない。 

  

川村元気さんの『億男

一男は、失踪した弟の三千万円の借金を肩代わりし、借金返済に追われる日々を送っていましたが、貰いものの宝くじで三億円が当たります。人生挽回のチャンスと喜んだのもつかの間、三億円の使い道を相談した親友に持ち逃げされます。

一男が、親友と三億円を追いかけ「お金と幸せ」の答えを探すストーリー。 

億男 (文春文庫)

億男 (文春文庫)

 

 一男の妻は、一男はお金に大切なものを奪われて変わってしまったと言います。

あなたがお金によって奪われた大切なもの。それは”欲”よ

確かに欲は人間を狂わせる。でもそれと同時に私たちを生かしている

 私たちは、もし宝くじで三億円当たったら、何に使おうかと考えます。家を買おう、自動車を買おう。旅行に行こう、高級レストランで食事をしよう、という具合に。

これでは逆なのです。

やりたいこと、欲しいものがあって、そのためにどうするか、必要なお金をどうやって用意するかという順で考えなければなりません。

お金は手段に過ぎないのだから、お金が先にくるのはおかしいのです。

自分のやりたいこと、欲しいことが見つかると、賢くお金を使うことができます。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com bookinlife.hatenablog.com

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。