Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

次の一歩を踏み出すとき

読書していて、これはいいと気に入った小説がシリーズ化されていると嬉しくなりますね。

シリーズ小説の良さは、ストーリーの雰囲気や登場人物が分かっていて安心して読めるところ、そして主人公と長い付き合いになって、友だちのような気持ちでストーリー展開に一喜一憂できるところです。 

きょうは、シリーズ小説の主人公たちに訪れた、次の一歩を踏み出す時期を描く2冊を紹介します。

  

ほしのさなえさんの『活版印刷日月堂 海からの手紙』

亡くなった祖父の印刷所「三日月堂」を再開した弓子さん。お客さんの気持ちに寄り添いながら、活版印刷のチラシや名刺を制作しているうちに、弓子さん自身にも心境の変化が訪れます。 

『海からの手紙』では、お客さんの依頼をこなすばかりだった弓子さんは、銅版画作家さんと一緒に豆本をつくったり、ひとりで扱った経験のない大きな印刷機を動かすことを考え始めたりします。 

いまできることだけをやってたんじゃ、ダメなんですよね。
できることを広げないと。

 

わたしが決めるしかない。
ここはもう(祖父の工場ではなく)わたしの工場ですから。

豆本を一緒に作った銅板画作家さんもまた、 こんなことを考えています。

時間は流れる。人は変わる。

それが生きているということだから。

私たちは人と関わり合い、つながり合う中で影響しあって、それが次に進むきっかけになっています。 

 

碧野圭さんの『菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日』

おいしいランチが評判の菜の花食堂では、月2回料理教室が開かれます。優れた料理人の靖子先生は名探偵でもあります。料理助手の優希や生徒さんたちが持ち込む謎を見事に解き明かします。ほっこり日常ミステリです。  

菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日 (だいわ文庫)

菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日 (だいわ文庫)

 

『きゅうりには絶好の日』では、食堂を訪れたお客さんとのご縁でマルシェに出店したり、靖子先生ご自慢のピクルスを瓶詰にして売り出そうというアイデアが出てきたりします。

私たちは元には戻れないし、今のままでいることもできませんけれど、無理に進もうとしなくてもいい。次の一歩を踏み出すのにふさわしい時期がきたら、ただ起きていることの流れに乗っていれば、きっと自然に道は開けます。 

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com  

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。