Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

すぐれた料理人は物語を紡ぎます

あなたの自慢料理は何ですか。お料理は、誰かに教わったままに、レシピ本に書かれるままに作ることもあるけれど、「自慢料理」と呼ぶ一品には、模倣だけじゃない、自分らしい工夫が加えられているとおもいます。

 

柏井壽さんの『祇園白川小堀商店 レシピ買います』

京都祇園にある小堀商店は、後世に残すべき独創的ですぐれた料理のレシピを集めています。調査員は、売れっ子芸妓のふく梅、「和食ZEN」料理人の淳、市役所相談員の木原という異色の3人。買取価格は、美食家のオーナー小堀善次郎の一声で決まり、お店一軒を出せるほどの金額のこともあれば、帰りの交通費にもならないことも。

レシピの売り買いをめぐる人情ストーリー、連作短編です。

祇園白川 小堀商店 レシピ買います (新潮文庫)

 

「後世に残すべき独創的ですぐれた料理」とは、いったいそんな料理なのでしょうか。

料理には物語がないと薄っぺろうなるんや

これは老舗料亭の元料理長、玉村のセリフ。土岐川で獲れた鮎が鮎と同郷の綾部焼に載せられたのを見たときに出てきます。そして自身の自信作として、色目も味の対比も見事な源平焼きをつくり、そこに込めた物語を語ります。

ああ、すぐれた料理はただ美味しいだけではない、アートなのだと感じました。

画家がひとつひとつの色を選ぶように、詩人が言葉を選ぶように、料理人は材料を吟味し、調理法に工夫を凝らし、盛り付ける器を選びます。実に奥深い世界です。 

美食家のオーナー、小堀は、こう言います。

わたくしが常々思っているのは、レシピを買い取らせていただくと言いながら、実は心を買い取らせていただいているということです。

 そう、心をこめなければ物語は紡げません。

料理のコツはおいしくな~れと唱えながら作ることと言われることがありますが、食べる人を想うと、自然に細かなところにも意識が及び、その心が物語を生み出すのです。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。