Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

アシストはエースのために、エースはアシストのために力を尽くすのです。

あなたは人前に立つのが好きですか。それとも、ひっそり目立たずにいたいですか。

チームを率いるエースか、エースを支えるアシストか。表舞台で光を浴びるスターと裏方で働くスタッフ。光と影。表と裏。どうやら、この世の中は2つに分けられるみたいです。

   

近藤史恵さんの『サクリファイス

チカは、陸上部のスター選手として活躍することに居心地の悪さを感じていたときに、自転車ロードレースと出会います。ロードレースは、ひとりひとりが勝利を目指すのではなく、エースを勝たせるために走る団体競技。自転車なら、自分が勝たなくてもプロになれる。ロードレースに転向し、エースをアシストする役割に満足していましたが、チームメイトからやるならエースを目指すべきと言われ、尊敬するチームのベテランエースが自分の地位を守るために有望な後輩をつぶしたと聞かされて、迷いが出てきます。チームでエースの勝利をつかみ取るロードレース、それは幻想なのでしょうか。 

サクリファイス (新潮文庫)

 

エースはカッコイイ。誰もが憧れる存在のエースだけれど、ロードレースのエースになれるのは、チームの中でわずかに一人か二人だけ。残りはエースを支えるアシストです。花形のエースが頂上で、アシストはみんなエースを目指しているかというとそうとも言えません。

主人公のチカは、実力を認められて将来のエースと呼ばれても喜びません。 

(元陸上のエース選手だったときは)両肩にずしりと重しを載せられて、それを振り落とすために走っているような気分だった。だが、どんなに必死で走っても、重しを振り落とすことはできない。

チカにとっては、エースになって勝利の裏でうごめく思惑や期待に対処するのは重荷でしかないからです。

自分の勝利ではなく、誰かのために走ること。

それはぼくにとって、どこか自由の匂いがした。

エースかアシストか、それは上下ではなく役割分担。人には向き不向きがあります。

一方、自分の勝利のために走るエースはというと、チカが尊敬するベテランエースの石尾の熱いセリフが出てきます。

俺たちはひとりで走っているんじゃないんだぞ。

非情にアシストを使い捨て、彼らの思いや勝利を喰らいながら、俺たちは走っているんだ。だから、それを汚す奴は許さない。

自らの勝利を汚すことは、アシストたちの犠牲も汚すことだ。

エースは、勝利への強い執着をもって非常にアシストを使い捨てますが、また同時にアシストの想いを背負っているからこそ、簡単に勝利を諦めることはできないのです。勝利への執着心は、責任感と言い換えることができそうです。

One for All, All for One これは三銃士の名セリフだけれど、アシストはエースのために、エースはアシストのために力を尽くすのです。

人前に立ちチームを率いるエースとエースを支えるアシスト。表舞台で光を浴びるスターと裏方で働くスタッフ。どちらも互いに必要な存在です。

  

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 ここまで読んでくださって、ありがとうございました。