Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

動物にも感情があるんです

あなたは、動物がお好きですか。映画などでは、ベテラン俳優さんも子供と動物には敵わないといわれますが、小説の世界ではどうでしょうか。

きょうは、動物をテーマにご紹介します。

 

近藤史恵さんの『シャルロットの憂鬱』

子供ができない真澄と浩輔の夫婦は、犬を飼うことにします。そこで勧められたのが引退した警察犬、ジャーマンシェパードのシャルロット。

シャルロットの登場で共働き夫婦の生活は一変し、近所づきあいが始まります。散歩中に、大型犬を見つけては飼っているチワワをけしかける老婦人に会ったり、餌やりをしたいと女の子が遊びに来たり。賢くていたずらっ子のシャルロットと暮らす中で見つかる小さな謎。心休まる6つの日常ミステリ短編です。 

シャルロットの憂鬱

シャルロットの憂鬱

 

  

吉野万里子さんの『ロバのサイン会』

動物だって、喜んだり、悲しんだり、悩んだり、恋をしたり、頑張って生きています。動物プロダクションの所属タレントである動物たち(女優猫リリアン、イグアナのネムリン、ティーカッププードルのココア、セキセイインコのパピプー)とテレビ番組で人気者の旅するロバのウサウマが旅先であった動物たち(水族館のイルカ、奈良公園を目指すシカ、アゲハ蝶のお菊)が人生を語ります。

人間社会で暮らす動物たちの8つの心温まるオムニバス短編集です。 

ロバのサイン会 (光文社文庫)

ロバのサイン会 (光文社文庫)

 

  

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。