Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

食べて、恋して、それが人生

人生の楽しみって、何だとおもいますか。人によって意見が分かれそうですが、 

きょうは、食べて、恋して、人生を満喫する話をご紹介します。

 

原宏一さんの『廃墟ラブ 閉店屋五郎2』

中古屋業を営む五郎は、惚れっぽくて、お節介。大儲けすると勇んで出掛けては、好みの女性にコロッとやられたり、他人の悩みごとに首を突っ込んだり、収入にならないことばかりして、娘の小百合に叱られています。

シリーズ2作目の『廃墟ラブ』では、食品スーパーチェーンの女所長に胸を高鳴らせ、ラブホテルのラブノートを読んで書き手の女性の消息を探したり、タクシー会社の女社長に恋心を抱きます。

五郎の買取り人情物語、3つの短編です。安心して読めます。

廃墟ラブ 閉店屋五郎2

 五郎は、ポッコリお腹の出た中年で、女房には見限られているし、貯金はそこをつかんばかり。おいおい、だいじょうぶなのかと言いたくなるスペックですが、悲壮感はありません。

お話の中だからと言ったらそれまでですが、美味しいものに目がないところと、惚れっぽいところに鍵があるようにおもいます。

 

映画『食べて、祈って、恋をして(EAT, PRAY, LOVE)』(ライアン・マーフィ監督、ジュリア・ロバーツさん主演)

ジャーナリストのリズは、バリ島で占い師に「あなたはバリに戻ってくる」と 言われたことが忘れられません。バリ島から戻った後に、離婚と失恋を経験して、自分探しの旅に出ることを決めます。イタリアで食を満喫し、インドで瞑想にふけり、そして最後にバリ島へ。リズは、旅を通して何を見つけるのでしょうか。 

自分探しの旅で、リズは何をしたか。食べて、瞑想、そして恋をします。あれあれ、離婚と失恋がきっかけの自分探しではなかったのかしらと、思ってしまいますが、どこへ行っても、人がすることに変わりはありません。食べて、出して、また食べて。恋をして、失恋して、また恋をして。

 

人生が、食べて、恋して、その繰り返しに尽きるなら、美味しく食べて、素敵な恋で心をときめかせられれば、人生満喫ですね。

  

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。