Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

何よりも、まずは好きだということ

最近、好きなことを仕事にした方が良いのか、良くないのかが話題にあがりました。

好きなことを仕事にしてはいけない派は、仕事でつらいことがあったときに、逃げ場がなくなってしまうと主張し、好きなことを仕事にすべし派は、好きなことなら、つらいことも耐えられると主張しました。

あなたならは、どちらに賛成しますか。

 

三浦しをんさんの『愛なき世界』

洋食屋「円服亭」で働く藤丸陽太は、ランチの出前で大学の植物学研究室を訪れ、院生の本村紗英に恋心を抱きます。

本村の研究対象は、シロイヌナズナという植物の葉。本村が楽しそうに研究の話をするのを聞いて、藤丸は、自分の身近に未知の世界が広がっていることに気づきます。

植物には、脳や神経がなく、思考や感情はありません。それでも旺盛に繁殖し生きている不思議。植物の不思議に静かな情熱を燃やし、すべてを捧げた本村。藤丸の恋の行方はどうなるのでしょうか。

円服亭の店主や植物研究室の面々、二人を取り巻く人々も心優しい人ばかりで、光と緑に満ちたあたたかい温室にいるような、穏やかな優しさに包まれた小説です。

愛なき世界 (単行本)

 

『愛なき世界』は、藤丸の恋物語であると同時に、研究者の道を進む本村の葛藤物語でもあります。

研究対象は何がよいのか?愛着をかんじられるものがいい。やはり植物がいい。大学院に行っても、研究者として身を立てられる保証はない。いつまでも親がかりではいられない。就職した方がよいのか?いや、植物の不思議を解き明かしたい。

迷える本村は、サツマイモの研究者である諸岡教授の言葉に深く共感します。

『おなかがすいたから』『おいしくてきれいだから』という気持ちは、人間の根源にかかわる重要な要求です。基礎研究も、同じ要求から発しています。

『知りたい』という思いは、空腹に似ている。そして、うつくしいものを追い求めずにはいられないから、研究するのです。

 

研究の道を選んだあとも、新たな悩みがやってきます。自分には、研究者のセンスはあるのか?博士論文を提出できるのか?

思い詰める本村の心に響いたのは、藤丸のこんな言葉でした。

デカパイ(本村が実験でつくった四重変異体を持つ株)ができたとき、

本村さんはすごくうれしそうでたよね

そういう気持ちって、大事にしたほうがいいと思うっす

 

自分は正しい道を進んでいるのか。この先どうなるのだろう。私たちは、いつも不安を抱えています。どうすれば良いのか、考えれば考えるほど、あーでもない、こーでもないと迷って身動きがとれなくなってしまうこともあります。

そんなときは、頭で考えるのを止めて、心にきいてみるのが近道です。

心が求めていること、直感で察知していることは、「なんとなく良い」「どことなく嫌」というぐあいに、説明でないこともあります。説明できない思いがあるから、迷うばかりで決めれられないのかもしれません。

先のことは分からないからこそ、「好きだ」、「知りたい」という自然に湧き上がるピュアな気持ち、「これだ」という直観を大事にしたい。そもそも、何かを好きになることに、興味を持つことに理由なんていらないのです。

とにかく好き、それで充分で、それがエネルギーの源です。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。