Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

しあわせになる方法は、キッチンにあった!

あなたは、よくお料理されますか。

お料理って、材料をそろえて調理して。後片付けもあれば、残った野菜の使い道を考えるのも必要で、けっこう手間が掛かります。

最近は、お惣菜コーナーも充実しているし、レンジでチンすればできるご飯の種類も増えているから、ついつい手抜きをしてしまいますけれど、それでも、家でつくるご飯はいいなって思います。

 

碧野圭さんの『菜の花食堂のささやかな事件簿』

優希が助手を務める、菜の花食堂の靖子先生の料理教室は、簡単で実用的と大人気。リピーターの生徒も多いけれど、人が集まるところには事件あり。

彼氏に教室で習った料理を振る舞ったら、別れを告げられた。茄子の揚げ浸しの上手な奥様はどこに行った?朝買ったばかりのケーキが酸っぱくなったのは、なぜ?。

靖子先生は、抜群の 洞察力で真相を見抜き、優しい言葉で解決へと導きます。

ほっこり系日常ミステリです。 

菜の花食堂のささやかな事件簿 (だいわ文庫)

 

靖子先生と料理教室の助手になる優希の出会いの場面。

食事をおろそかにしている優希に、靖子先生がこんな声を掛けます。

おいしいものが作れるとそれだけでしあわせ。

それが食べられればもっとしあわせ。

誰かがいっしょにそれを食べて『おいしい』って言ってくれたら、もっともっとしあわせ。

優希は、会社生活で傷つき失業して、自堕落な毎日を送っていましたが、これをきっかけに生活を立て直していきます。 

しあわせって、みんなが願ってはいるけれど辿り着くことのできない、たいそうなモノのように思えることもあるけれど、実はごく身近にありました。

毎日の食事を、食事の時間を大切にして、おいしいご飯を食べましょう。

それが最初の小さなしあわせ。そして、その小さなしあわせが次のしあわせにつながっていきます。 

 おいしいものを作れるってことは、しあわせになる方法を知ってるってことだと思うの 

  

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。