Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

猫は友だちで、未知の世界への案内人

2月22日は、にゃんにゃん猫の日です。

きょうは、これまでに紹介した猫が登場する本を振り返ります。

UDF アリス・イン・ワンダーランド チェシャ猫 ノンスケール PVC製塗装済み完成品

 

「猫/ネコ」と聞いたときに、やはり、ペットの猫が最初に思い浮かびますね。

ヴィッキー・マイロンさんの『図書館ねこ デューイ 町を幸せにしたトラネコの物語』は、図書館で猫を飼い始めたことがきっかけで、町が活気づいていく話。すごいなぁ、猫パワー! 

bookinlife.hatenablog.com

 

有川浩さんの『旅猫レポート』は、大事に飼っている猫の引取り手を探す旅の話。猫が語り手で、猫と飼主の愛情深い絆が伝わってきて、心にグッときます。福士蒼汰さん主演で映画化されました。

 

吉野万里子さんの『連れ猫』は、猫を飼っている恋人の前で、猫好きのフリをしたのをきっかけで猫と暮らすようになる女性の話。

猫が持っている孤高のイメージが、話のテーマに深く関わっています。

物語に登場する猫には、ただ友情や愛情の対象というだけでなく、象徴的な意味を託されるところが、同じペットでも犬とは異なります。 

bookinlife.hatenablog.com

 

孤高の存在である猫は、なにか秘めたものを持っているようなミステリアスな雰囲気をかもしだして、道の世界への案内人を務めることも多いです。

 

夏川草介さんの『本を守ろうとする猫』は、その一例に挙げられます。

bookinlife.hatenablog.com

 

他にパッと思いつくところでは、ルイス・キャロルさんの名作『不思議な国のアリス』のチェシャ猫や、ジブリ映画『猫の恩返し猫男爵。   

 

 

猫の恩返し / ギブリーズ episode2 [DVD]

猫の恩返し / ギブリーズ episode2 [DVD]

 

 

小路幸也さんの『猫と妻と暮らす 蘆野原偲郷』は、妻が猫になって水先案内人の役割を果たすという、実に神秘的な話です。 

bookinlife.hatenablog.com

  

そうか。だから、猫にはミステリーが似合うのですね。 

 松尾由美さんの『ニャン氏の事件簿』、気晴らしにもってこいの楽しい話です。

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。