Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

あなたの心を支える「安全基地」を見つけよう

あなたは、メンタルクリニックに行ったことがありますか。

アメリカでは、余暇にメンタルクリニックに入院することもあったり、身近な存在のようですが、日本では、まだまだ敷居が高いですね。

 

小笠原慧さんの『あなたの人生、逆転させます』

新米療法士の森野美夢は、「人生の逆転のお手伝いをしたいんです」の決め台詞でメンタルクリニックの職を得て働き始めます。

次々に悩みを抱える患者さんが訪れます。朝起きたら見知らぬ場所にいたのです。息子が非行に走りはじめていて、何を考えているのか分かりません。不潔恐怖がひどくて外出もままならいのです。伝説のドクター奥田と美夢は、助けることができるでしょうか。

現役の精神科医の著者が描く、専門的だけれど難しくないクリニック日誌。美夢の夢占いも楽しめます。 

あなたの人生、逆転させます: 新米療法士・美夢のメンタルクリニック日誌

子供時代の愛情不足が、心の病気の原因になることは良く知られていますが、ここで言われる「愛情」って、どんなものなのでしょうか。

『あなたの人生、逆転させます』によると、それは「安全基地」。

安全基地は、一言でいえば、どんなときにも、大丈夫だって言ってくれる存在です。困っているとき、身を寄せることができて、また元気になったら、外の世界に歩みだしていけるような

興味深いことに、安全基地は肉親でなくともよいそうです。世話をしたり、触れあったりするほどに沸く親しみ 、愛着を育むことができるなら、イヌのようなペットも安全基地になりえます。また、安全基地が得られなかった空洞は、自らが誰かの安全基地になることでも埋められます。

それなら、もう 子供時代を振り返って愛情の過不足を考える必要はありません。

子供時代がどうであれ、人生には、山あれば谷もあり。生きていく中では、苦しいときもあります。大人になったって、苦しいとき、ツラいときは、動物が巣穴の奥深くに逃げ込むように、安全基地に身を寄せて、心を休ませたいものです。

考えたいのは、今の自分に安全基地があるのかどうか。首をかしげたくなった方は、イヌを飼い始めてもいいかもしれません。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。