Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

ちょっぴりフランス気分になれる!『穢れ舌』の「鱈のブランダード」をつくりました

こちらの記事でご紹介した『穢れ舌』で、主人公の紗英がパリに居た頃によく食べていた魚料理として出てくる「鱈のブランダード」をつくりました。 

bookinlife.hatenablog.com

 

干し鱈のブランダードは南仏ラングドック地方の郷土料理だったが、いまはフランス全土の家庭料理として定着している。

バケットやクラッカーにたっぷりのせて食べてください。冷めてもおいしいし、見かけよりもボリュームがあって、すぐに満腹になりますよ。

 

鱈のブランダード

たらのブランダード

 

材料:

  • 干し鱈
  • ジャガイモ
  • オリーブ油、ニンニク、牛乳、生クリーム
  • 塩、コショウ

 

作り方(小説文中より):

  1. 干し鱈は、戻しておきます
  2. ジャガイモを茹でてマッシュポテトにします
  3. 鍋にオリーブ油とニンニクを入れて熱し、牛乳と生クリームと鱈を加えて煮崩したら、フォークでつぶします
  4. 1のマッシュポテトを加えて、塩コショウします

↓↓↓

作り方(試作アレンジ):

  1. ジャガイモとニンニクは、火を通しやすいように、小さく刻みます 
  2. 鍋に1と牛乳を入れて煮込みます
  3. ジャガイモが柔らかくなったら、火を止めて、オリーブ油と鱈を加えながら、つぶしていきます
  4. 塩コショウします

 

試作メモ:

  • 干し鱈が手に入らず、焼き鱈を使いました。 戻す手間が省けてグッドです。
  • 分量は、オリーブ油:大さじ1、ニンニク:一片、牛乳:140ml、生クリームは省略。塩コショウ:少々。
  • マッシュポテトをつくるのは大変なので、作る順番を変えました(試作アレンジ)。鍋ひとつで出来あがって、お手軽になります。
  • 鱈は、煮込みながら混ぜると焦げ付きやすいので、火を止めてから混ぜた方が良さそうです。
  • つぶす加減はお好みで。ジャガイモの形が少し残っている方が、ボリュームがあって食べ応えある仕上がりになります。つぶしが足らないとバラけてしまって、クラッカーにのりにくくなります。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。