Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

犯罪人の家族は、どう生きればよいのか /夢を託すときには、現実を知らせるべき

学校では、悪いことをしてはいけないと教えられます。でも、悪いことをした家族や友人への接し方は教えてくれません。

 

東野圭吾さんの『手紙』

武島直貴が高校3年生のとき、兄の剛志が、直貴の進学費用を盗もうと空き巣に入った家で、殺人を犯しました。両親を早くに亡くし、兄と二人暮らしだった直貴は、事件直後から生活困難に陥ります。周囲の人の態度は変わり、アパートを追い出され、良い仕事には就けません。

そんな直貴の元に、毎月、獄中の兄から手紙が届きます。 兄は直貴のために犯罪を犯しました。しかし、その兄の行為が直貴を苦境に立たせています。直貴は、どう兄と向き合えばいいのか、どう自分が生きていけばいいのかを悩み続けます。

罪と罰、犯罪が及ぼす加害者家族、被害者家族への波紋、差別が生まれる理由など、いろんなことを考えさせられる話です。

手紙 (文春文庫)

 

『手紙』には、2つの選択が出てきます。1つは、犯罪加害者の家族の生き方で、もう1つは、家族への差別を受刑者に伝えるかです。

 

犯罪加害者の家族の生き方

直貴は、①素性を隠さず、正々堂々と生きていく、②素性を隠して、生きていく、という2つの生き方の間を揺れ動きます。どちらの生き方が良いという答えはありません。 

直貴の勤め先の社長は「正々堂々は、わかりやすく、非常に選びやすい道」だと言いますが、どちらかを一度選べば済むとは考えられません。相手によって、置かれている状況によって、常に選び続けるのが、いちばん誠実で現実的ではないでしょうか。

 

家族への差別を受刑者に伝えるか 

直貴は、自分が差別を受けていることを兄に知らせません。兄に恩義を感じているからでもあり、知らせたところで何も変わらないからです。

直貴の勤め先の社長の「君が今受けている苦難もひっくるめて、君のお兄さんが犯した罪の刑なんだ」と言う言葉で、犯罪映画などで、高潔な人を犯罪に加担させるために、その家族を人質にとったり、殺すと脅かす場面を思い出しました。

家族への差別を刑の一部だと言うのは、差別を正当化するようで言い過ぎですが、差別を受けている事実があるのならば、犯罪を犯した当人は、それを自分の行為の結果のひとつとして知るべきであり、それが次の犯罪を抑制する力になります。

 

当事者に知らせなくていいことがあるのか 

この「知らせなくていい」という考え方に、そもそもの原因もあったような気がします。

直貴の兄は、生活費にも困る状況なのに「お前は勉強だけしてりゃいいんだ。余計なことは考えるな」と言って、直貴がバイトすることも許さず、進学させようとしました。その結果、夢だけを託された直貴は、現実の問題に目を向けることはなく、兄は問題を一人で抱えて、犯罪に手を染めることになりました。

兄は、大学に行って欲しいという願いだけでなく、学費はいくらまでなら出せるのかなど具体的に状況を話すべきでした。夢と現実のギャップをどう埋めるのかを共に考えたなら、違う道が開けたはずです。

知らせないという選択は、一見、相手のことを考えているようでいて、実は、相手を一人前として扱っていないのです。

 

手紙 プレミアム版 [DVD]

手紙 プレミアム版 [DVD]

 

『手紙』は、山田孝之さん、沢尻エリカさん主演で映画化されています。

直貴を支える友人役の 沢尻エリカさんが、垢ぬけない少女から美しい女性へ、そして母へと変化するところが話題になりました。

12/19に、亀梨和也さん主演のドラマ版が放送されます。楽しみですね。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.combookinlife.hatenablog.com

  

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。