Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

あの一瞬を取り戻したい

あなたには、苦しいとき、悲しいときに思い出す過去の出来事がありますか。その記憶は、あなたを励ましてくれるのですか。それとも、いっそう苦い思いにさせられるのでしょうか。

きょうは、過去の記憶をテーマに紹介します。

 

ほしおさなえさんの『銀塩写真探偵 一九八五年の光』

高校生の真下陽太郎は、写真部の部室で見つけたモノクロ写真に衝撃を受けます。陽太郎は、この作品の作者の写真家、辛島弘一に弟子入りし、修行を続けます。

やがて、大学生になった陽太郎は、辛島が所有する引き延ばし機に写真のネガをかけると、写真の中に入れることを知ります。辛島から過去の写真の世界で探したいものがあると打ち明けられます。陽太郎は、写真の中の世界に踏み入れます。探し物を見つけることができるのでしょうか。  

銀塩写真探偵 一九八五年の光 (角川文庫)

銀塩写真探偵 一九八五年の光 (角川文庫)

 

写真は、私たちを過去に引き戻します。その写真に写っていないことまで、忘れていた記憶がよみがえります。苦しくなったとき、悲しくなったときは、古い写真を眺めるといいかもしれません。前を向いて頑張っていた過去の自分を思い出して、励まされますよ。

 

谷瑞恵さんの『思い出のとき修理します』

仁科明里は、寂れた商店街の元ヘアーサロンに移り住みます。明里は、美容師の仕事も、憧れの先輩との恋も上手くいかなくなったときに、小学生のひと夏を過ごしたこの場所を思い出したのです。

ヘアーサロンの斜め向かいは時計屋さんで、ショーウィンドーに「おもいでの時 修理します」と書かれたプレートが立てかけられています。明里は、時計屋の青年と知り合い、商店街で起こる不思議な出来事を通して、おもいでが修復されていくのを目撃します。 

思い出のとき修理します (集英社文庫)

思い出のとき修理します (集英社文庫)

 

今の自分は、過去に起きたすべての出来事の先にいます。

過去の出来事は、変えられません。でも、それを良い思い出とするか、悪い思い出とするかの解釈は変えられます。

いろんなことがあって、今日の自分ができています。そう考えたら、すべての出来事が自分をつくる大事な部品のように思えてきませんか。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

今週のお題「読書の秋」