Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

「プロ」と「アマ」の違いは、心意気である

あなたのお仕事は何ですか。ご自分は、プロフェッショナルだと思われますか。プロとアマの違いは、どこにあるのでしょうか?

 

東野圭吾さんの『マスカレード』シリーズ

ホテリエのプロフェショナルな仕事ぶりに感動する小説です。

最新作マスカレード・ナイト』は、殺人事件の犯人がホテル・コルテシア東京のパーティ会場に現れるという情報が入り、警視庁がホテルに張り込み、捜査するという話。訳ありそうなホテル客の中から犯人を見つけ、次なる殺人を防ぐことができるのでしょうか。 

前作『マスカレード・ホテル』に続いて、警視庁刑事、新田浩介がフロントクラークに扮します。新田をサポートしたフロントクラーク、山岸尚美は、コンシェルジュとして活躍します。

マスカレード・ナイト

1作目:マスカレード・ホテル (集英社文庫)

2作目:マスカレード・イブ (集英社文庫)

 

コンシェルジュ山岸尚美が『マスカレード・ナイト』で対応したゲストの要望の一部をここに挙げます。あなたなら、これらのリクエストにどう応えますか。

  1. 東京タワーの夜景の端に、外国人の巨大ポスターが架けられた建物が目に入る。このポスターを見ることなく、夜景を楽しみたい。
  2. 恋人の男性がディナーの席で、派手なサプライズ演出プロポーズを予定している。彼に恥をかかせず、気まずくなることなく、プロポーズを断る方法を考えて欲しい。
  3. ラウンジで見かけた女性にひとめぼれしたので、一緒に食事ができるようにして欲しい。

コンシェルジュは、ただいわれたことだけをしていればいいわけではない。ゲストの要望の真意を理解するのが重要だ。

コンシェルジュに限らず、全ての仕事への取り組み方を説いている言葉です。ただ指示や手順に従うだけでは、アマチュアレベル、その真意をくみ取って実現のために心を砕くことができてこそ、プロフェッショナルだと思います。 コンシェルジュは、決して「できません」とは言わず、実現が難しいときは代替案を提言します。私たちも見習いたい姿勢です。  

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。