Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

犯罪は身近に潜んでいる

人生は、思わぬところで 大きく転換してしまうことがあります。

犯罪に巻き込まれることも、その一つです。私たちは、普段、犯罪とは無縁と信じて過ごしています。だって、悪いことなんてしていないんですもの。でも、それは間違い。ちょっとした巡り合わせで、ちょっとした判断ミスで、加害者にも被害者にもなってしまう可能性があるのです。 

 

矢口敦子さんの『あれから』

千幸は、学生時代の知人男性と10年ぶりに再会し交際を始めます。念願のプロポーズを受けたものの、知り合ったいきさつを考えると、結婚にためらいを感じて悩みます。10年前、千幸の父親は「痴漢をいさめた青年が電車にひかれ死亡」事件の容疑者とされました。千幸と妹が、父親の無実の証拠をみつけようと調べているときに、この男性と出会ったのでした。10年前と現在を行き来しながらストーリーが進み、事件の真実が明らかになります。

あれから (幻冬舎文庫)

 

加瀬亮さん、役所広司さん主演の映画『それでもボクはやってないも、痴漢冤罪事件を扱っています。 フリーターの徹平は、通勤ラッシュ時に痴漢の疑いをかけられ、そのまま警察に連行されます。徹平が一貫して否認しているにも関わらず、何十日も警察に締め上げられ、裁判で闘うことになります。

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

 

 

 過去記事で紹介した乃南アサさんの『死んでも忘れない』も、痴漢冤罪が題材です。

痴漢事件が怖いのは、誰の身にも起こりそうで、それでいて加害者と被害者が分かり難いところです。

まず、通勤や通学で、混みあった電車やバスに乗るのは避けられません。毎日朝晩にリスクがあります。次に、本当に痴漢行為があったのか、つまり勘違いや美人局の場合は、簡単に加害者と被害者が逆転してしまいます。また、犯人の特定に誤りがあった場合は、どちらも被害者になります。

そして、 事件に巻き込まれたら最後、本人も家族も人生が変わってしまいます。

 

『あれから』の結末には希望がありますが、正直なところ、読み終わったときに、心が重~くなりました。この本を読むときは、心が十分元気かどうかを確認してくださいね。

 

 【関連記事】

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!