Book In Life 迷子の本棚

テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています

人生をやり直したい

人生は、選択の連続です。あのとき別の選択をしていたら、全く違う人生になっていたかもと考えることのは普通のことです。もし、あなたが過去に戻ることができるとしたら、やり直したいことはありますか。

きょうは、人生をやり直す本を2冊、紹介します。

 

垣谷美雨さんの『if:サヨナラが言えない理由』

医師ルミ子は、空気が読めない発言で患者やその家族を怒らせてしまう常習犯。患者を思う気持ちに偽りはないのにと、落ち込むルミ子は不思議な聴診器を手に入れます。この聴診器を患者の胸に当てると、患者の心の声やイメージが見え、患者が心残りにおもう過去に連れていき、もう一つの人生を体験させることが出来るのです。ルミ子は、患者の選んだ人生、選ばなかった人生を知り、何を思うのでしょうか。 

if: サヨナラが言えない理由

if: サヨナラが言えない理由

 

人生は選択の連続なので、選ばなかった人生はひとつではなく、選んだ人生の顛末も無限にあります。ハズレを引いた後にも、素晴らしい人生につながる選択肢が出てくるはずと思います。

 

森絵都さんの『カラフル』

死んだはずのぼくが、問答無用に別の人の身体に入れられて、この世に戻ってきます。ぼくが入れられたのは、自殺した中学生、小林真。前世で失敗したこの世で魂を鍛え直さなければ、輪廻転生サイクルから外されるぞと言い渡されています。ぼくは、再挑戦する人生で何を見つけるのでしょうか。  

カラフル (文春文庫)

カラフル (文春文庫)

 

友達の早乙女君のセリフが印象的です

今日と明日はぜんぜんちがう。明日っていうのは今日の続きじゃないんだ

人生をやり直しても、全ての嫌なことからは逃れられません。でも、生きにくい原因は、過去にした選択ではなくて、過去に捕えられた今現在の自分がする選択なのかもしれません。自分はこーゆー人という枠から離れて、自由な気持ちで選択したら、今とは違う人生につながっていくと思います。  

 

【関連記事】

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!