Book In Life 迷子の本棚

テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています

噂に負けるな

あなたは、噂話に悩まされたことがありますか。ふと気づくと、昨日までの友がよそよそしくなり、誰もがヒソヒソと自分のことを話している。取り残された孤独と終わりが見えない絶望が押し寄せてきます。

噂されている当人に事の真偽を確かめられることがないので、噂の原動力は人の好奇心というよりも、ドラマの展開を想像する楽しみに似ています。正解を知る前に、あーでもない、こーでもないと話すのを楽しんでいるのです。

 

乃南アサさんの『死んでも忘れない

死んでも忘れない (新潮文庫)

妻/母親に捨てられた父子と、父の再婚相手の3人の家族。訳ありゆえに、気を遣いあって努めて仲良く暮らしている。そこで発覚する再婚相手の妊娠、父親が巻き込まれた痴漢騒動。平穏な毎日が一変し、家族のバランスが崩れ、ひとりひとりが追いつめられていく。家族とは何かを考えさせられる話。

 

【関連記事】

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!