Book In Life 迷子の本棚

テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています

人事異動にモノ申す

仕事は、私たちを救ってくれることもあれば、絶望に陥らせることもあります。

自分は相応しい場所にいるのだろうか。自分は何を期待されているのか。

あなたは望まれて今の場所にいるのだよと、優しく伝えてくれる本です。

 

瀧羽麻子さんの『乗りかかった船

乗りかかった船

造船会社における人事異動をめぐって、時を遡るオムニバスストーリー。

野村雄平は、会社の人事に不審を抱いている。機械工学を専攻し大学院まで出たのに、営業に回され、今度は人事部で新卒採用の担当。まったく人事は何を考えているんだよ。雄平の前任の佐藤由美は、もう会社にはいられないと思ったときに他部署への異動を勧められていた。

適材適所って、なに?さまざまな事情の中で、人事異動が進んでいく。。。

 

【関連記事】  

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!