Book In Life 迷子の本棚

テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています

夢がかなうのは、いつ?

10年前のあなたの夢は、何だったでしょうか。その夢はかないましたか?

きょうは、夢をかなえるというテーマで2冊ご紹介します。

 

小路幸也さんの『COW HOUSE』

畔木は、会社所有の大豪邸の管理人となる辞令を受けます。25歳の若さにして左遷。将来の不安を抱きながらも、尊敬する上司が自分を守ってくれたのだと取り組みます。痴呆のフリをしているおじいさんやピアノの天才少女など、ちょっと風変わりな人たちに出会い、それそれが抱える事情を知ります。畔木は、みんなの問題を解決したいと考えるようになり、その先にかつて自分自身が抱いていた夢を見つけるのです。。。畔木の夢が何か、畔木が見つけた解決方法が何かは、読んでのお楽しみ。

夢は、そんな夢を抱いたことすら忘れた頃にかなうのかもしれません。 

([し]4-2)COW HOUSE カウハウス (ポプラ文庫)

([し]4-2)COW HOUSE カウハウス (ポプラ文庫)

 

ロンダ・バーンさん『ザ・パワー』 

欲しいものを手に入れる秘密が書かれたザ・シークレット』の続編『ザ・パワー』には、ビジョンボードが出てきます。自分の夢や願いを書き出したり、そのイメージに合う写真や絵を貼って、見やすいところに飾っておくことで、夢を引き寄せようというもの。イメージは明確に、たどりつく道は気にしない。

私たちは、毎日いろんなことを選択しています。自分の夢や願いを身近に感じていたなら、夢を実現するための5ヵ年計画みたいな具体的なものがなくても、ちょっとずつ、夢や願いの実現に近づいていくのだと思います。  

ザ・パワー

ザ・パワー

 

 

【関連記事】


bookinlife.hatenablog.com

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!