Book In Life 迷子の本棚

テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています

心は、どこにあるの?

私たちの心は、どこにあるのでしょうか?

あなたの心が、あなたを他の誰でもないユニークな存在にしているのだから、心のありかは、哲学ではなく、切実な命の問題です。

心が身体のどこかにあると思う方は、東野圭吾さんの『変身 (講談社文庫)を読んでみて。脳の移植手術を受けたことを境に、心が変わっていく。自分が自分でなくなる恐怖。他人の身体の中で目覚めた心。双方の葛藤の先で感動の結末を迎えます。(玉木宏さんと蒼井優さん主演で映画化されました)

あなたなら、臓器ドナーになって、あなたの心を残しますか。

あるいは、身体(の一部)には、あなたの心がないからドナーになりますか。 

変身 (講談社文庫)

変身 (講談社文庫)

 
変身 [DVD]

変身 [DVD]

 移植医療が気になった方は、谷村志穂さんの『移植医たちも読んでみてください。  そして心が決まったら、臓器提供意思表示カードを持ちませんか。提供する臓器を限定したり、全て提供しないという選択もできます。 

移植医たち

移植医たち

 

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!