Book In Life 迷子の本棚

テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています

宮本輝

死んだ後にだって、仲直りできる

あなたは、身近な親しい人が亡くなった後で、その人の意外な過去を知ってしまったという経験はありますか。 身近な人であればあるほど、そんなときは、裏切られたような気持になったり、気づかなかった自分の不甲斐なさに情けなくなったりするものです。 き…

「人生の転機」を経て、どこに向かうのか?

人生には、転機があります。それがいつで何回あるかは、人それぞれ。 転機を経て、私たちの人生はどこへ向かうのでしょうか。 宮本輝さんの『朝の歓び』は、45歳の江波良介が、妻を病気で亡くしたのをきっかけに、会社を辞めてから、昔の恋人との再会、イタ…