Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

次の一歩を踏み出すとき

読書していて、これはいいと気に入った小説がシリーズ化されていると嬉しくなりますね。 シリーズ小説の良さは、ストーリーの雰囲気や登場人物が分かっていて安心して読めるところ、そして主人公と長い付き合いになって、友だちのような気持ちでストーリー展…

白ワインのお供に!「ことことこーこ」のレモンライスを作りました。

こちらの記事で紹介した『ことことこーこ』で、フードコーディネーターのこーこが白ワインに合う料理というお題に応えて作ったお母さんのレシピ:レモンライスを作りました。 白いご飯の上に鶏肉と玉ねぎの入ったホワイトソースがかかっていて、スプーンです…

だれも、だれかの代わりにはなれない

あなたは「自分の代わりはいくらでもいる」あるいは「自分は誰かの代わりに過ぎない」という想いを抱くことがありますか。 私たちはみんな、自分を、他の誰でもない自分を認めて欲しいと願っています。 きょうは、身代わりをキーワードにアイデンティティを…

「勝つ覚悟」がありますか

あなたは勝つのが好きですか。たとえ、暇つぶしのジャンケンだって勝てばうれしいですものね。 でも、ただ勝てばいい、勝てばハッピーというものではないようですよ。 近藤史恵さんの『キアズマ』 大学生になった正樹は、自転車部から強い勧誘を受けて入部し…

テーマ別お勧めの本 (2019年9月)

読者の皆さま いつもブログを読んでくださって、スターやブックマークをつけてくださって、ありがとうございます。 再びというか、引き続き「書けない」苦しみを抱えていて、ついに週3回更新を諦めることにしました。最近は、完全に自転車操業状態で、しか…

明るい「介護」 3つの秘訣

老老介護という言葉をよく聞くようになりました。寿命が延びた分、介護も長期化しています。介護は、苦しかったり悲しかったり、ネガティブ方向に傾きがちですが、少しでも明るくできないものでしょうか。 きょうは、明るい介護をテーマに紹介します。 阿川…

暗闇の先には光がありました

誰でも、人生の思いがけない展開に戸惑った経験があると思います。どうしてこんなことになったのかと。もし、その予想外の展開が暗闇に落ちたと感じるほどのことだったら。。。 きょうは、命を懸けた逃走をテーマに紹介します。 唯川恵さんの『手のひらの砂…

すぐれた料理人は物語を紡ぎます

あなたの自慢料理は何ですか。お料理は、誰かに教わったままに、レシピ本に書かれるままに作ることもあるけれど、「自慢料理」と呼ぶ一品には、模倣だけじゃない、自分らしい工夫が加えられているとおもいます。 柏井壽さんの『祇園白川小堀商店 レシピ買い…

「家族の絆」という幻想

あなたは「家族」という言葉をきいて、何を思い浮かべますか。 仲良し家族だという人も、そうでない人も、血縁や婚姻関係を示すと同時に「家族」 という言葉が「親しい」とか「大切」という意味で使われていることにお気づきでしょう。仲が悪くて、いがみ合…

定年後を楽しく生きるには

あなたには、定年後、老後の計画がありますか。 普段、趣味に打ち込んだり、長期旅行に出かけたり。好き勝手に自由に過ごしたいと願っていても、いざ、あふれるほどの自由時間が手に入ると、やったー!と喜ぶよりも、時間を持て余してしまったりするものです…

ガールズタイム ♪♪

女性の間でなにかブームが起こると〇〇ガール、〇〇女子という呼び名が出てきます。〇〇ガールという表現、ちょっと見くびられている気がしないでもないけれど、嫌いじゃないです。軽やかでウキウキ楽しい感じがします。 きょうは、ガールをテーマに紹介しま…

ハッピーエンドの先 -愛は失われゆくものなのか

ラブストーリーは、お好きですか。すれ違いやその他の試練を乗り越えて結ばれる、この人しかいないという確かな想い、うらやましいですよね。 お話の世界は「めでたしめでたし、それから幸せに暮らしましたとさ」で締めくくられくくられますが、現実はそこか…

脇役にもドラマがあります

あなたは人前に立つのが好きですか。それとも苦手ですか。 世の中には、人の注目を集めると、俄然やる気が出てくるタイプもいれば、気弱になってオドオドしてしまうタイプもいます。いろんなタイプの人がいて、上手く回っているのだと思います。 近藤史恵さ…

ただ一緒の時を過ごせることが嬉しい

あなたは恋をしていますか。ただ会えるだけで嬉しい、一緒の時を過ごすことを大切に想う、そんなピュアな気持ちを思い出したくて。 きょうは、刹那の恋をテーマに紹介します。 七月隆文さんの『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 美大生の南山高寿は、電…

いまあらためて「本を紹介するということ」♪

あなたは、気に入りの本屋さんがありますか。その本屋さんは、どんなところが素敵なのでしょうか。 通勤・通学の通り道で便利だから、ポイントを貯めるためなんて実用的な動機もあれば、お店の雰囲気がいいとか店員さんが親切なんて理由もあるかもしれません…

テーマ別お勧めの本 (2019年8月)

読者の皆さま いつもブログを読んでくださって、スターをつけてくださって、ありがとうございます。 少しずつ暑さが和らいできましたが、いかがお過ごしでございますか。 きょうは8月の振り返りです。 季節感のあるテーマ① 8月はお盆があり、あの世が近づ…

「いちばん」はひとつじゃない

一番になるのって嬉しいですよね。ますます頑張ろうって、やる気が出てきます。でも、一番にこだわり過ぎるのは 禁物ですよ。 田牧大和さんの『あなたのためなら 藍千堂菓子噺』 江戸でも評判の上菓子屋「百瀬屋」に生まれた、晴太郎と幸次郎の兄弟といとこ…

企業か、家業か。そこが分かれ目

私たちは、いったい何のために働くのでしょうか。収入を得るため? やりがい? それとも楽しいから? 生活がかかっていると考えれば、楽しいこと、好きなことだけでは済まない気もするけれど、毎日のことだと考えると、お財布も、心も満たされないと続けられ…

スカッと気持ちが晴れる本

あなたは誰かを「ぎゃふん」と言わせてやりたいと思ったことはありますか。 きょうは、そんなときにスカッと気持ちが晴れる本を紹介します。 山口恵以子さんの『イングリ 熱血人情高利貸』 派遣ホストの希は、和製イングリット・バーグマンといった風貌のお…

もう一品ほしいときに! 向日葵のある台所の「春雨料理」

こちらの記事↓↓↓で紹介した『向日葵のある台所』に出てくる「春雨料理」を作りました。 「お味噌汁かお吸い物・・・でも、なんかもうちょっとボリュームがほしい」けれど「食べ過ぎは致命傷」と困っているときに登場したお料理です。 bookinlife.hatenablog.…

頑なになった心をほどくには

あなたは、スピリチュアルに興味がありますか。 神秘的で未知の世界への扉を秘めたスピリチュアルの世界は、私たちを魅了します。不思議で分からないから、癒しにもなり、怪しくもあります。 大切な人がスピリチュアルの世界にはまり込んでいたら、ダマされ…

子育てのコツは、人を喜ばせる楽しさを教えること。

あなたは、子供の頃よくほめられましたか。それとも、叱られることの方が多かったでしょうか。 ほめられれば嬉しくて、やる気につながると言いますが、叱られるうちが花という表現もあります。子育てで大事なことは何なのでしょう。 秋川滝美さんの『向日葵…

人生をやり直せなくて良かった...

あなたは、自分の人生に満足していますか。良いことだけの人生があり得ないのは分かっているけれど、そのとき置かれている状況がキツイときは、どこで間違ったのかなぁ、やり直せるものならやり直したいと思うこともありますよね。 きょうは、人生のやり直し…

進む道に迷ったときは、どうしたらいい?

あなたは、人生の岐路に立って、進む道を決められずに迷ったことがありますか。 わたしたちの人生は、悩んだり迷ったりの繰り返し。どうやって迷いを乗り切ればよいのかを知りたいです。 近藤史恵さんの『エデン』 プロの自転車ロードレース選手のチカがフラ…

あせらずに一歩ずつ、そうすれば目的地に到着します

8/11は、山の日。自然や山の恩恵に感謝する日です。 あなたは、山登りをされますか。山登りをしたいけれど、なかなか行動に移せないという方もいらっしゃると思います。 きょうは、登山事始めをテーマに紹介します。 唯川恵さんの『バッグをザックに持ち替え…

ハウスシェアは青春の中で輝きます

あなたはルームシェアをしたり、寮で暮らしたことがありますか。 同じ釜の飯を食うという表現がありますが、家族でも恋人でもなく、共に暮らした仲間とは特別な絆ができるようです。 きょうは、ハウスシェアをテーマに紹介します。 宮本輝さんの『私たちが好…

沖縄には、ちょっと文化や環境がちがう魅力があります。

あなたは、この夏をどう過ごされますか。夏は夏らしく、南国でのんびりするのもいいですよね。 きょう、紹介するのは、沖縄が舞台の小説。ちょっと文化や環境がちがう、そこが面白珍しくて楽しめますよ。 坂木司さんの『ホテルジューシー』 しっかり者のヒロ…

たとえ落ちぶれても、誇り高く生きるべし

あなたは何かひどい目にあったとき、どんな風に対処しますか。 ひとり、グッとこらえて、早く忘れるように努めますか。それとも、家族や友人に「もう、こんなことがあったの~」って聞いてもらいますか。 人に話すとストレス発散できることもあるけれど、同…

黄泉の国からの生還。愛は生死を超えます

もうすぐお盆ですね。あの世とこの世が大接近する季節になりました。 今日のテーマは、黄泉の国からの脱出です。 堀川アサコさんの『幻想寝台車』 篠原多聞は、死神の村で目を覚まします。出ていった恋人の気を引こうと睡眠薬を爆飲みしたけど、本当に死ぬつ…

テーマ別お勧めの本 (2019年7月)

読者の皆さま いつもブログを読んでくださって、スターをつけてくださって、ありがとうございます。 暑さで体にこたえる季節がやってきましたが、いかがお過ごしでございますか。 こちらは記事につけていただくスターを励みにがんばっております。 さて、き…