Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

ウリふたつのそっくりさんに会ってみたい⁈

あなたは、自分にウリふたつのそっくりさんに会ったことがありますか。 世界には、ウリふたつの顔を持つ人が3人いて(ウリみっつになりますね)、めぐり合うと不幸になると聞いたことがありますが、本当でしょうか。 きょうは、ウリふたつのそっくりさんが…

読む本を選んでもらうのも、楽しいです

あなたは読む本を誰かに選んでもらうことがありますか。あなたが面白そうと感じた本ではなくて、「あなたのために」選んだ本です。 読む本を選んでもらうのには、まず第一に自分のために選んでくれたことが嬉しいし、どんな本が似合うと思われているのかが分…

大人の宝探しをしてみませんか

あなたは宝探しをしたことがありますか。 私は小さい頃にやって、とても楽しかったな。自分でもゲームを作ったこともあります。 ちょっとしたオモチャの宝を隠して、次に隠し場所のヒントを書いた紙を隠して、そしてまたヒントの紙の隠し場所を書いた紙を隠…

働き方改革の先にある未来の姿

働き方改革という言葉を聞くのは珍しくなくなりました。 このまま今の働き方を続けていくことはできない。 では、新しい働き方とはどんなものでしょうか。

完璧じゃない、そこが素晴らしい。

綺麗なもの、美しいものに囲まれて、親切な善い人とだけ付き合って生きていかれたらいいと思いませんか。汚いもの、醜いものは排除して、意地悪で嫌なやつとは一切関わらずに済んだらいいと思いませんか。 きょうは、善悪、美しいものと醜いものの区分につい…

寅さんの魅力に迫ります!

新年明けましておめでとうございます。 今年も、いろんな本をご紹介していきます。どうぞよろしくお付き合いください。 さて、映画「男はつらいよ」新作が公開されましたね。50周年記念作品となるそうで、フーテンの寅さんは日本の国民的ヒーローです。 き…

テーマ別お勧めの本 (2019年12月)

読者の皆さま いよいよ年の瀬も押し迫ってまいりました。 いつもブログを読んでくださって、スターやブックマークをつけてくださって、ありがとうございます。 12月は思いがけなく、ブログをお休みする日ができて、これまでとは別の意味でブログを続けるこ…

シングルマザーにエールを送ろう

今どき、シングルマザーは珍しくないけれど、依然としてシングルマザーの子育て事情には困難がつきまとっています。 きょうは、妊娠をテーマに紹介します。

心をいやして居場所をみつける

ああ、どこか遠くに行きたい。そんなとき、あなたならどこに向かいますか。 北か、南か。行先の方角に心境が反映するみたいです。 きょうは、この記事で紹介した『図書室のキリギリス』に登場する本を読んでみます。 bookinlife.hatenablog.com

どんな人が政治家になるのか

あなたは政治に興味がありますか。政治家の不祥事報道は珍しくはなく、就きたい職業ランキングで上位に入っているのを見たことがありません。どんな人が政治家になるのでしょうか。 きょうは、楽しく国会議員事情が見えてくる本を紹介します。

何が起こるか分からないから、今を精一杯やるしかない

読者の皆さま 突然、ブログの更新がとどこおってしまい、ごめんなさい。自転車を走らせていて転倒し、骨に異常はなかったものの、利き手が不自由になっていました。 まさか、こんな理由でブログをお休みする日がこようとは。何が起こるか分からないものです…

賢いお金の使い方を知りたい

きっと、あなたも賛成してくれるはず。わたしたちの人生で一番大事なものは、お金ではありません。けれど、私たちの暮らしにはお金が不可欠であることもまた事実です。 私たちはお金にどう向き合い、付き合っていけばよいのでしょうか。

この身体は誰のもの?

いったい何のために頑張っているのだろうって、思うことはありますか。 自分のため?家族のため?応援してくれる人のため? どれも正解のはずだけれど、両立しないこともあって、むずかしい。

テーマ別お勧めの本 (2019年11月)

読者の皆さま いつもブログを読んでくださって、スターやブックマークをつけてくださって、ありがとうございます。 寒い日が増えてきました。 温かいお部屋の中でほっこりできる飲み物を片手に読書するのはいかがでしょう。 さて、11月のテーマの振り返り…

読書で世界が広がっていきます

あなたは、司書の方とお話したことがありますか。 本にとても詳しくて、本の貸出しや返却手続きをしてくれたり、本を探す手伝いもしてくれる図書館の黒子のような存在。 私は、司書さんが企画する本の展示紹介コーナーを眺めるのがすきです。 きょうは、司書…

子どもが喜ぶ野菜料理! 菜の花食堂の「小松菜焼き2種」

碧野圭さんの『菜の花食堂のささやかな事件簿 金柑はひそやかに香る』に出てくる「小松菜焼き」をつくりました。 菜の花食堂のお料理教室で「好き嫌いが多い息子に安くて栄養のある小松菜を食べさせたい」という生徒さんの要望に応えて、靖子先生が紹介して…

自分らしい物語を見つけよう

あなたは自己紹介をするのが得意ですか。 長い人生を限られた時間にまとめるのは難しいし、恥ずかしい気もしますね。 きょうは、自分物語をテーマに紹介します。

大切な人を亡くした後の生き方

人生はままならないもの。 きょうは、大切なものをなくす経験にどう向き合えば良いのかを考えます。

男と女の間には溝があるのか

「男だから」「女だから」という言葉には、要注意。 男はこういうもの、女はこういうもの、という前提になる認識があるときに使われる言い回しだけれど、独りよがりで根拠がない前提である場合も多いものです。「女には母性本能があるから赤ん坊のウンチも臭…

AIは怖くない。AIを使う人間が怖い。

過去数十年の間に科学技術は飛躍的に進歩しました。私たちの生活がとても便利になる一方で、身の回りに便利だけれど、仕組みが良く分からないモノが増えていて、不安がつきまとっている気がします。 きょうは、私たちの生活を大きく変える、仕組みが良く分か…

「悪意」はどこで生まれ育つのか

凶悪犯罪、痛ましい事件が起こると、なんて悪い奴がいるのだろうと思います。犯人が捕まると、周りの人たちは、まさかそんな人には見えなかったと言います。 悪い奴が悪いことをすると考えがちだけれど、悪い奴に生まれつく人はおらず、ごく普通の人が悪いこ…

今も昔も、読書は心をいやします♡

読書の秋ですね。日本は昔から識字率が高く、読書は庶民の娯楽でございました。書かずにはいられない作者たち、読まずにはいられない読者たち。 きょうは、江戸時代の書かずにはいられない作者たちを紹介します。

テーマ別お勧めの本 (2019年10月)

読者の皆さま いつもブログを読んでくださって、スターやブックマークをつけてくださって、ありがとうございます。 更新頻度を落としたことで、書かなきゃ、書けないという焦りが少し収まった気がします。まだまだ自転車操業な感じですが、楽しんでいただけ…

パパの子育て

子どもができると生活が一変しますね。それは母親も父親も同様ですが、きょうは、とくに父親に注目して、パパの子育てをテーマに紹介します。

江戸の町で猫と暮らしたい

長かった今年の夏も、台風で吹き飛ばされたようで急に肌寒くなってきました。猫を抱いたら、懐にカイロを入れたように暖かいだろうなー。 きょう紹介するのは、江戸の猫。ちょっと生意気で、おとなしく懐のカイロにはなってくれなそうだけれど頼もしい猫のは…

生命(いのち)を動かすのは強い想いです

最近はスポーツが盛り上がっていますが、スポーツの試合では、うまい、へたの技術力と同時に想いの強さが問われます。「絶対勝つという強い想いでがんばりました」とか「強豪チームが相手で闘う前から、気持ちが負けていました」というコメントを聞いたこと…

「結婚」という言葉は感情を刺激します

あなたは、友だちの結婚の知らせを聞いて、何を想いますか。 人生に大きな影響を与える出来事をライフイベントと言います。 結婚はライフイベントのひとつ。結婚した方がいいのか、独身の方がいいのか。相手はこの人でいいのか。いろいろ考えますよね。 結婚…

次の一歩を踏み出すとき

読書していて、これはいいと気に入った小説がシリーズ化されていると嬉しくなりますね。 シリーズ小説の良さは、ストーリーの雰囲気や登場人物が分かっていて安心して読めるところ、そして主人公と長い付き合いになって、友だちのような気持ちでストーリー展…

白ワインのお供に!『ことことこーこ』の「レモンライス」を作りました。

こちらの記事で紹介した『ことことこーこ』で、フードコーディネーターのこーこが白ワインに合う料理というお題に応えて作ったお母さんのレシピ:レモンライスを作りました。 白いご飯の上に鶏肉と玉ねぎの入ったホワイトソースがかかっていて、スプーンです…

だれも、だれかの代わりにはなれない

あなたは「自分の代わりはいくらでもいる」あるいは「自分は誰かの代わりに過ぎない」という想いを抱くことがありますか。 私たちはみんな、自分を、他の誰でもない自分を認めて欲しいと願っています。 きょうは、身代わりをキーワードにアイデンティティを…