Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

テーマ別お勧めの本 (2021年3月)

読者の皆さま 今年は暖春とのことで、お花見シーズンが終わる前ですが、昼間は上着がいらないほどの暖かさ。憂いなくウキウキとはいきませんが、朝夕の寒暖差に気を付けて、春を味わいたいものです。 さて、きょうは遅ればせながら3月の振り返り...を予…

年老いて、誰とつながっているか。

人が生きていくのに必要なものは、なんでしょうか。 住むところや食べものを確保するための「お金」、笑い合い、語り合える「友だち」、朝起きてから夜寝るまでの「やること」...... 原田ひ香さんの『一橋桐子(76)の犯罪日記』 老親の面倒を見てき…

そろそろ、我慢するのを止めてみましょうか

あなたは、今の生活を楽しんでいますか。苦しくて、つらかったり、我慢を強いられたりはしていませんか。 きょうは、居心地の悪いところから脱出する話を紹介します。 北川恵海さんの『ちょっと今から仕事やめてくる』 この優しい物語をすべての働く人に――第…

テーマ別お勧めの本 (2021年2月)

読者の皆さま 少しずつ、寒さが和らいできましたね。ぽかぽか陽気の暖かい日は、とても気持ちがいい。その分、寒い日はつらく感じることになるのですけれど。春は、すぐそこまで来ています。 さて、きょうは2月の振り返りです。 今月のテーマは、3つ。ここ…

人に言えない恋をした

あなたは、人に言えない恋をしたことがありますか。 誰かを好きになるのは、心ウキウキする素晴らしいことなのに、同時につらく哀しい気もちを抱えることになるなんてね。 きょうは、人に言えない恋のお話を紹介します。 小川糸さんの『喋々喃々』 東京の下…

善良な私たちは、傲慢さを抱えながら生きていく

「婚活」という言葉をよく耳にするようになりました。昔ながらのお見合いのほか、婚活パーティー、街コン、婚活アプリなど活動の仕方は、さまざまあるようで。 ただ「婚活」は、幸せを夢見る結婚に向かっているはずなのに、頑張れば頑張るほど息苦しくなって…

介護のある生活は、日常である

こちらの記事でご紹介した『長いお別れ』は、映画化されています。 bookinlife.hatenablog.com 原作とは異なる部分が数多くありながらも、不思議なことに原作と同じ雰囲気をまとっている味わい深い作品です。 映画『長いお別れ』(中野量太監督、蒼井優さん…

いかに最期の日々を過ごすか。~終活のすすめ~

日本は超高齢化社会。年金の支給開始年齢を少しずつ引き上げていこうなんて話もありますが、元々、想定されていた年金の受給期間は、ほんの5年だったそうです。 だんだんと長くなっている老後。頭も身体も衰えていく中で、いかに過ごすか。 きょうは、「終…

鬼よりも怖いのが人間です~

今年の節分は2月2日と聞いて、あれっと思われた方も多いのではないでしょうか。節分は、立春の前日のことで、うるう年の影響で移動していくそうです。 きょうは、鬼が出てくる話を紹介します。 鬼は外ならず。鬼は~うち、福も~うち! ! 西條奈加さんの…

テーマ別お勧めの本 (2021年1月)

読者の皆さま いつもブログを読んでくださって、スターをつけてくださって、ありがとうございます。 さて、きょうは1月の振り返りです。 今月のテーマは、5つ。段々、段々と更新頻度が減ってしまい、今では週2、いやほとんど1ですね。 ブログを始めたばか…

子どもの存在が強い大人をつくる

子どもを持つと、人は変わりますね。どこがどう変わるのか、説明はむずかしいのですが、強いて言えば雰囲気でしょうか。 妊婦さんはお腹が膨れていくのに伴って、ふんわりとした優しい雰囲気をまとっていくようですし、子どもが生まれた後は、少しずつ、どっ…

憶えていたいこと、忘れてしまいたいこと

大変な困難の経験も、乗り越えた後では懐かしく思い出されたりします。 いまのコロナ禍も、きっと近い将来「あのときは大変だったねー」と笑って話せる日がくるのではないかしら。 きょうは、記憶をテーマにご紹介します。 川村元気さんの『百花』 認知症に…

新米も闘うニャン

成人式を迎えられた皆さま、おめでとうございます。 20歳になった日本人は「おとな」の仲間入りですが、20歳になった日本の猫は「猫又」になります。 きょうは、猫の妖が出てくる話を紹介します。 畠中恵さんの『猫君』 江戸では、シッポの先が二又に別…

結婚しないのか、結婚できないのか。

生活スタイルの見直しが余儀なくされている中、結婚したくなる人たちがいる一方で、離婚する方に舵を切る人たちもいます。 私たちが結婚に求めているものってなんでしょうか。 きょうは、結婚をテーマに紹介します。 桂望実さんの『結婚させる家』 桐生恭子…

令和三年、ちょうどよい年。

明けましておめでとうございます! 読者の皆さまが健康で楽しい一年を送られますように。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、令和三年最初のテーマは数字の3です。 梶よう子さんの『三年長屋』 正義感の強い元武士の左平次は、三年住めば願いが…

テーマ別お勧めの本 (2020年12月)

読者の皆さま いつもブログを読んでくださって、スターをつけてくださって、ありがとうございます。今年も最後の日になりました。色々ありましたが、きょう、ココにいられることに感謝です。 さて、きょうは12月の振り返りです。 今月のテーマは、4つ。あ…

落としどころは、どこにあるのか?

何か大きな事件をきっかけに、当たり前に思っていたことへの疑問が芽生えることがあります。今年の大きな事件は、もちろん新型コロナの感染拡大です。 新型コロナ対策で気づいたのは、日本では、国・政府は企業・会社を通じて国民とつながっているということ…

友だちは、どうやったら見つかるのかな?

大人になると、友だちができにくくなる気がします。 子どもの頃は、定期的にクラス替えなんかで、どっと新しい出会いが押し寄せてきて、友だちが増えたものでした。 大人になってからは、こちらは仕事関係、こちらはママ友関係と線を引いて、お互いに踏み込…

夜になったら、楽しいことが起こる。チャ・チャ・チャ♪

人混みを避けて、普段とはちがう時間帯に出かけると、良く知っているはずの場所が初めて訪れる場所のように感じられて、驚くことがあります。 時間帯によって、明るさが変わったり、集まる人が変わったりして、まったく異なる雰囲気になってしまうのです。 …

こうやって冤罪は生まれるのか!

今年ほど、先のことは分からないという言葉が相応しいときはありません。 同じ思いもよらない事態にしても、不摂生のあげくの病気とか、意地悪をして反撃を受けたなら諦めようもありますが、どう考えても自分に非がないことは、ただただ、困惑するばかりです…

シンデレラは、王子様の秘密を知ってしまった

コロナ禍で困窮し自死を選ぶ女性が増えていると聞いて、悲しくなりました。 この国の男女格差は歴然としているし、失敗に不寛容な社会です。理由が何であれ、一度落ちたら、上がっていくのがむずかしい。 いまだに、幸せをつかむの手段として、玉の輿やシン…

貧乏神に憑かれたら、どうすればいい?

師走に入り、今年も、もう残りわずかになりました。 新しい年には、年神さまが下りてこられ、宝船に乗った七福神さまをお見掛けします。日本には、たくさんの神さまがいらっしゃいますが、いつも福徳を授けてくださるとは限りません。 きょうは、憑き神をテ…

テーマ別お勧めの本 (2020年11月)

読者の皆さま いつもブログを読んでくださって、ありがとうございます。 11月は、暖かい日が続いた後に、急激に冷え込んだり。マスクの防寒効果で汗をかいた後で、冷たい風に吹かれたり。なかなか身体に厳しい環境におかれています。身体を労わりながら、冬…

何のために働いているの?

コロナ禍の中で、働き方を見直している方が増えていると聞きます。 今までと同じではいられないなら、どこをどう変えればいいのか。 きょうは、働き方をテーマに紹介します。 瀧羽麻子さんの『あなたのご希望の条件は』 転職エージェントに勤める千葉香澄の…

命の価値が変わるとき

再び、感染者数が増加傾向に転じてしまいました。家に閉じこもる人がいる一方で、まるで他人事のように、頑なに生活を変えようとしない人もいます。 恐らく、大半の人は感染しても軽い症状で済むけれど、急激に重症化する人もいるという両極に別れる状況で、…

はなちゃんは、どんな女の子?

あなたの好きな名前は、何ですか。 赤毛のアンがコーデリアという名前が気に入っていて、グリーンゲイブルスに着たのは手違いと分かったときに、明日、孤児院に戻されるなら、せめて今晩はコーデリアと呼んでと言っていたことを思い出しました。 私がちょっ…

憎き敵にこそ、礼節を尽くせ。

あなたには、苦手な人がいますか。もう少しはっきり言うなら、どうしても好きになれない人はいますか。 好きだの嫌いだのって、大人げないとは思うのですが、相性が悪いということなのでしょうか。 やることなすことが気に障る、顔をみるだけで嫌になってし…

兄弟・姉妹をつなぐ感情は、一筋縄ではいきません

おうち時間が増えて、家族と過ごせて良かったというコメントをよく聞きます。 家族は、誰もが抱える永遠のテーマですが、親子関係を指すことが多い気がします。家族は家族でも、ねぇ、兄弟・姉妹はどうなの?と考えました。 きょうは、兄弟・姉妹をテーマに…

先のことは分からないけれど、何か動いてみよう

新しい日常。新しい生活様式。そんな言葉が使われるようになりました。 今まで通りにはいかないことは分かっているけれど、どう変わればいいのかが分かりません。 きょうは、時代の変化をテーマに紹介します。 朝井まかてさんの『残り者』 幕末、江戸城を官…

テーマ別お勧めの本 (2020年10月)

読者の皆さま いつもブログを読んでくださって、ありがとうございます。 10月は、暑すぎず、寒すぎず、最も過ごしやすい時期だそうです。寒い冬がくる前に、新しい日常の中のおそと時間の過ごし方も考えたいですね。 さて、きょうは10月の振り返りです。今…