Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

夢中になれることは、どこにあるのか

人の歳の取り方にはいろいろあるけれど、こんな分類もできます。歳を重ねるにつれて、趣味がどんどん増えていく人とだんだん減っていく人。 私自身はというと後者の方。仕事だったり、家族のことをだったり、なんやかんやあって、一度はこれは外せないと夢中…

障がいを隠したくなる理由は、どこにあるのか

日本の社会は、分断されていると感じます。 裕福な家の子どもと貧しい家のこどもが知り合ったり、障害のある子どもと健常者の子どもが一緒に遊ぶことは稀です。 自分とは異なる条件を抱える人のことを知る機会がなかったら、他人の気持ちなんて分かりようも…

読書していたら、読みたい本が見つかった

あなたは、どこで読む本を見つけますか。 本屋さんの店頭のポップを見たり、雑誌の本の紹介コーナーなどに目を通したり。新しい本との出会いのきっかけは、いろいろありますね。 このブログがその一つに入っていたら、とても嬉しいです。 きょうは、読書しな…

苦手の克服には恋が効く?!

あなたは今、恋していますか。 この恋のためなら何でもできるとおもった、あの強さを取り戻したいです。 きょうは、恋の力で苦手を克服しちゃう話を紹介します。 吉野万里子さんの『イモムシ偏愛記』 中学生の凪は、近所の豪邸の主、嘉世子さんに招かれて、…

テーマ別お勧めの本 (2020年8月)

読者の皆さま いつもブログを読んでくださって、ありがとうございます。 残暑が厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。夏の疲れが身体に積もってくる時期ですから、どうぞご自愛くださいね。 さて、きょうは8月の振り返りです。今月は、4つのテーマがありま…

いつまでも元気印...でいたい

歳をとっても、いくつになっても元気いっぱいでいたいですよね。 ということで、今日は、元気印のおじいちゃんをテーマに紹介します。 竹内真さんの『じーさん武勇伝』 「うちのじーさんは、無敵です」 破天荒なじーさんがの財宝を積んだ沈没船探しを孫息子…

メイクするのは何のため?

暑い日の メイク(お化粧)は、大変じゃないですか。 肌がほてっていると、うまくメイクがのらないいし、汗をかくと、流れてしまう。 私たちはこんな大変な思いをしながら、 何のためにメイクを続けているのでしょうか。 宮下奈都さんの『メロディ・フェア』…

ひとりご飯のすすめ♡

最近、おいしいものを食べに出かけましたか~。 会食リスクが報じられている今こそ、外出先で食べるなら、ひとりご飯です。 気のおけない友人と一緒にわいわいがやがやしながら食べるのも楽しいけれど、ひとりご飯も悪くないですよ。気を遣う相手がいないか…

命に値段をつけるなら―――。

もし、人の命に値段をつけるなら、あなたはいくらにしますか。 大事な人が誘拐されたときの身代金や、不治の病に侵されたときの治療費を要求されたなら、全財産を差し出してもいいと思うかもしれません。 では、会ったこともなければ名前を聞いたこともない…

何を信じて、何を疑えばよいのか

最近の子どもたちは、学校でこんなことを学んでいます、なんて話を聞いて、うらやましい!! 自分が子どものときも、そうだったらいいのにと思ったことありませんか。 きょうは、そんな一つ。ランチタイム講演会が出てくる本を紹介します(注:ネタばれあり) …

おもてなしの極意は、時代を超えます

梅雨が明けて、太陽がギラギラと輝きだしました。夏の思い出つくりに飛び出したいところですが、今年はそうもいきません。 お出掛けの不安が消えないからこそ、お客様を迎えるときは心を込めておもてなししたいですね。 きょうは、おもてなしをテーマに紹介…

ほんとうに大切なものは、新しい命を与えて残していく

先日、お茶碗を割ってしまいました。パリンっと、お気に入りだったのに、あっけないものです。 絶妙なタイミングで、この、割れたり欠けたりした器を治す話に出会いました。 ほしおさなえさんの『金継ぎの家』 高校生の真緒が、おばあちゃんから器を治す「金…

テーマ別お勧めの本 (2020年7月)

読者の皆さま いつもブログを読んでくださって、ありがとうございます。 ずっと雨の日が続いていますね。以前に『雨の日は、いっしょに泣きましょう』と書きましたが、そろそろ、流す涙もつきてきました。 bookinlife.hatenablog.com さて、きょうは7月の振…

大事にするほど、愛おしさが増していく

あなたの家には、ガラクタがありますか。 ガラクタのクタは、ゴミやクズを意味する芥(あくた)が語源だそうですが、捨てそびれたのではなく、捨てるに捨てられないガラクタもあるのではないでしょうか。 きょうは、ガラクタをテーマに紹介します。 谷瑞恵さ…

食べつくす、命を無駄にしないために。

人間が自然に近づいたことが、未知のウィルスの人間界への侵入を招いているのだと聞きました。 なるほど、森を切り開き、太陽の光が届かない深海にもぐれるようになって、人間の世界は拡大していますが、街で暮らしていると、むしろ自然から遠のいているよう…

奈落の底から抜け出すには

良かれと思ってしたことなのに。ちょっとカッコつけてみたかっただけなのに。人生は、ほんの些細なことで大きく変わってしまいます。 そして落ちてしまった奈落の底。どうやったら抜け出せるのでしょうか。 乾ルカさんの『明日の僕に風が吹く』 川嶋有人は、…

にゃんにゃん 話を聞いておくれ

昔、旅行に出かける友人から 、留守中の猫の世話を頼まれたことがあります。 この子は愚痴を聞くのに慣れているから、いい話し相手になるわよ、と言われたのですが・・・・さてさて、猫は話し相手になったでしょうか。 きょうは、猫とおしゃべりする話を紹介…

冷めてもおいしい! 菜の花食堂の「ズッキーニのピカタ」

こちらの記事で紹介した『菜の花食堂のささやかな事件簿』に出てくるズッキーニのピカタを作りました。 菜の花食堂のお料理教室で教わるズッキーニ料理のバリエーションですが、生徒さんから「簡単なのに、おいしい」と喜ばれた一品です。靖子先生は「汁気も…

何があっても、平気で生きていく

あなたは、家族に秘密がありますか。 家族の秘密が発覚すると、いったい何を見ていたのだろうと戸惑ったり、裏切られたと憤りを感じたり。良く知っていると思い込んでいる相手であるだけに、ショックは大きいものです。 きょうは、家族の死の後で、秘密が明…

もう一歩先への探求心、それが情熱

いま、あなたが夢中になっていることは何ですか。 夢中になれるものがない、やりたいことが分からないという人、たくさんいらっしゃると思います。かくいう私も、そのひとり。 なにかに夢中になる情熱って、どこからくるのでしょうか。 恩田陸さんの『チョコ…

先が見えないからこそ、となりの人の手をにぎろう。

新型コロナウィルスの感染者数が、ふたたび増え始めています。やっと自粛生活から抜け出せると思ったのに、逆戻りなのかしら。 その上、大雨や川の氾濫まで起こるなんて、これ以上耐えられない~と、日本中に不安が広がっています。 先が見えない不安を抱え…

優雅でなければ、タバコを吸う意味はない

あなたは、タバコを吸いますか。あなたの周りには、タバコを吸う人はいますか。 肺炎にかかるリスクが高まっている 今、喫煙について考えてみませんか。 垣谷美雨さんの『優しい悪魔』 佐和子は、ニコチン依存症で悩んでいます。本気でタバコを止めたいと思…

テーマ別お勧めの本 (2020年6月)

読者の皆さま おかげざまで3年目。ありがとうございます! いつもブログを読んでくださって、ありがとうございます。 今月で、このブログは3年目に入りました。はてなブログから「開設して2年が経ちました」メールが届いて気づきました。続けてこれたのは…

暑い夏にピッタリ!『ミドリのミ』の「麦茶オレ」

あなたは「麦茶」を飲むとき、何かいれますか? こちらの記事でご紹介した『ミドリのミ』に出てくる「麦茶オレ」を作りました。 ミドリ・パパの恋人、源三が、訪ねてきたミドリ・ママに「最近おたくの娘がハマってる。コーヒー牛乳みたいでうまいんだって。…

日本昔ばなしは、消えていく・・・の?

あなたは、年下の人と話が合わないと感じたことはありますか。 昔は想像もしなかったものが今は当たり前にあったり、あるいは逆に、当たり前だったものが、いつの間にかなくなっていたりして、育った環境がちがうから、世代間ギャップは避けられません。 朝…

フツーってなに?フツーじゃないことは、悪いことなの??

あなたは、子どもから「みんなが持っているXXが欲しい」とせがまれたら、どうしますか。「みんなが持っているなら仕方ない」と買ってあげますか。それとも「ウチはウチ、ヨソはヨソ」と言い聞かせますか。 「自分だけが違う」状況はつらいけれど、「みんなと…

死後の世界は、今いるココよりも良いところなのか。

あなたは死後の世界がどんなかを考えたことがありますか。 今いるココよりも良いところなのか、それとも―――? きょうは、死後の世界をテーマにご紹介します。 高野和明さんの『幽霊人命救助隊』 自殺したヤクザ、会社経営者、OL、浪人生は、地上と天国の中間…

家族をつなぐのは、互いへの「たしかな想い」

なんだか、急に暑くなった気がしていたのですが、いつの間にか、暦は衣替えの季節を指していて、このくらいの暑さは当然ですね。 行楽が盛んになる時期を、世界中が「自粛」という合言葉で引きこもっているものだから、季節の変化を感じられず、春先の気分が…

語り手に注目!穏やかな読書をしたいときの本選び

あなたは、何を頼りに読む本を選んでいますか。 「本」と一口に呼んでいても、さまざまなものがあるように、「本を読みたい気分」もいろいろあります。 こころも身体も静かに穏やかにリラックスしたいときに、殺人鬼に襲われる恐怖でハラハラドキドキしたり…

『ひとつ』になりたいという誘惑

あなたは多数派?、それとも少数派ですか?日和見派もありますね。 日和見は、優柔不断と批判されることもあるけれど、「とりあえず、みんなに合わせておくかー」も、ひとつの判断です。 恩田陸さんの『月の裏側』 たぐいまれなるトラブルに引き寄せられる才…