Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

LGBT プライド月間に想う

先週この記事で紹介した映画『パレードへようこそ』のパレードは、「自分たちの性的指向性自認にプライドを持とうとLGBTが立ち上がったプライドパレードが描かれています。 

bookinlife.hatenablog.com

LGBTのプライド月間とされる6月は、LGBT関連の作品を紹介していきます。

 

まずは、80年代、イギリス貴公子ブームを巻き起こした BL先駆け映画です。ため息が出るほどの美しい映像にいっそう切なしさが胸に迫ります。

映画『モーリス(Maurice)』(ジェイムズ・アイボリー監督、ジェイムズ・ウィルビーさん、ヒュー・グラントさん、ルバート・グレイプスさん主演)

ケンブリッジ大学の寮に入った通うモーリスは、上流階級の子息クライブに出会います。ふたりは急速に惹かれ合い、クライブの告白をきっかけに恋愛関係になります。やがて卒業し、同級生が同性愛の罪でつかまったことで、家族、名誉を天秤にかけた苦悩が始まります。そこでふたりは、どんな選択をするのでしょうか。

モーリス 4Kレストア版 [DVD]

モーリス 4Kレストア版 [DVD]

 

モーリスとクライブの前にある選択肢は2つ。自分の心を殺して生きていくか、自分の心に正直に生きていくか。どちらも険しい道です。

 

江國香織さんの『きらきらひかる

笑子は精神病で情緒不安定。睦月は同性愛者で恋人がいます。ふたりは「結婚すれば落ち着きますよ」という医者の助言と「ひとり息子がいつまでも独身だと外聞が悪いわ」という親の主張がきっかけで出会い、結婚します。

睦月を愛しているという共通点で、笑子と睦月の恋人の紺は結びつき、穏やかな結婚生活がスタートしたはずでしたが、周囲の子供を期待する声で笑子は追い詰められていきます。 ふたりとも「このままでいたい」と思っているのに、それがむずかしい。 とてもとても純粋な恋愛小説です。 

きらきらひかる (新潮文庫)

きらきらひかる (新潮文庫)

 

笑子と睦月は、周囲に合わせようと努めて行き詰まり、正直に生きようとして、再び行き詰ります。心に大きな負担を強いる道しかない、ひどい現実です。

誰を好きになるか、結婚するか、子供を持つか。極めて個人的なことをひとつの型にはめようとすることが、どんどん人を追い詰めていきます。

せめて血液型のように、A型、B型、AB型、O型の4種類だとおもっていたら、もっと細かく分類できたんだって、という具合に受け入れられないでしょうか。

A型は神経質などど血液型別の性格を言い立てることがあっても、人間性の否定まではいかずに一時の話題の範囲にとどめる節度のある社会になって欲しいです。

  

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

心に流れる音楽の中に「自分」が見つかります

あなたには、ふと気がついたら口ずさんでいる音楽がありますか。 

それはあなたが好きな曲ですか。それとも、たまたま耳に残っている曲なのでしょうか。

 

瀧羽麻子さんの『ありえないほどうるさいオルゴール店』

運河のほとりにあるオルゴール専門店。そこでは、耳利き職人がお客の心の中に流れている音楽からふさわしい曲を選んで、オリジナルのオルゴールを作ってくれます。

お母さんから幼い息子へ、夫から闘病中の妻への贈り物。少女バンド仲間の卒業記念。恋人との別れを目前に感じる男、不仲だった父親の法事で帰省した男、 自分の気持ちが分からなくて迷っている少女にふさわしい曲は何でしょうか。自分の心の中に流れている曲に気づいた人たちは、一歩前に進む勇気を手に入れます。

7つのオルゴールで心をいやす短編集です。

ありえないほどうるさいオルゴール店

心を流れる音楽を鳴らすオルゴールを受け取った客は、あ~この曲かと喜ぶこともあれば、え~この曲かと怒り出すことも。いずれにせよ、自分の心を流れている曲が何かは自分では分からない。それでいて、耳にすればそれと分かるもの。自分の心を流れている音楽に気づくことは自分を再発見することなのです。

私たちの心には、どんな音楽がどんな曲が流れているのでしょうか。心に流れている曲は、好きな曲とは限りません。

人生の大事な場面でたまたま流れていた曲が、意外に長く心に残ることもある。音楽は大切な思い出を呼び起こす。

そういえば、キリリとカッコイイ男を描いていたはずが、キュートなガールズ・ポップをかけていたら、可愛らしい男になってしまって、慌てて曲を変えたという話を聞いたことがあります。

私たちは、そうと意識しなくとも、音楽の影響を受けながら生活しています。そう考えたら、たまたま聞いていた好きでもない音楽に左右されるのでは残念な気がします。

せっかく聴くなら、なりたい自分にふさわしい曲を選んでみて。繰り返し聴いているうちに自分の一部になって、なりたい自分に近づいていきます。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

家族のすれ違いの原因は、「家族像」の違いにありました

あなたは、年老いた親との同居をどうおもいますか。

育ててもらった恩を返すのは当たり前...かもしれないけれど、一度、家を出た後で、再び親と一緒に暮らすのは大変です。

 

中澤日菜子さんの『お父さんと伊藤さん』

ある日、彩が恋人と暮らすアパートに帰ると、父親が来ていて「しばらくここで暮らす」と一方的に宣言されます。次に会うのはお葬式の時だと思っていたのに。

彩34歳、恋人の伊藤さん54歳、お父さん74歳。二部屋しかないアパートで3人の同居生活が始まります。 

お父さんと伊藤さん (講談社文庫)

 

彩は、父親が何かと嫌味をいったり、説教くさくなったりするのにイライラし、父親の妙な自己流に振り回されます。「文明人ならウースター」と父親が言うので、中濃ソース派だったのにウースターソースを買うようになります。

このソースをめぐっては、バイト先の友だちと交わす会話が興味深いです。 

「彩ちゃんは中濃、お父さんはウスター。ひとつの家に、二つ違うソースが置いてあってもいいんじゃないかなあ。(後略)」

ひとつの家に二つのソース。その言葉を、頭の中でゆっくりと転がした。

「でもさ、そんなんだったら一緒に暮らす意味なくない?」 

彩の頭の中では、家族はひとつのソースを使うものとインプットされているから、「お父さんがうるさいからウスターソースも買うか」ではなく、「お父さんがうるさいからウスターソースに変えるか」になってしまいます。

家族は、相手に甘えがでるから傷つけあうのだなんて言うけれど、その甘えの正体は「自分が思うような家族になれ」なのです。

彩は、自分の家族像(家族はひとつのソースを使うもの)のために、自分の趣向 (中濃ソースが好き)を犠牲にして、ストレスを膨らませています。

私たちは、誰一人同じ人はいません。だから、親子のカタチ、家族のカタチはひとつではありません。それに、同じ家族になっても、まったく異なる家族像を思い描いていることも珍しくありません。お父さんとお兄さんと彩、みんなが少しずつ異なる家族像を持っています。

家族のカタチは、家族の数だけあるのだから、どちらかがどちらかに合わせるのではなくて、みんなが気持ちよくいられるカタチを見つけることはできないものでしょうか。

お父さんだって、例えば職場の人に「中濃ソースは悪魔のソースだ」とは言わないはず。家族には言ってもいいけれど、言うだけにして。

たぶん、許容範囲の分かれ目は、笑い話にできるかどうか。「うちのお父さんはこんなことを言うんだ~」と小ネタにしているうちはセーフ。「お父さんがこんなだから!!」と興奮してくるようならアウトです。

家族であることは止められないのだから、自分にぴったりの、かけがえのない家族を手に入れられたらいいなと思います。  

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

暑い日にピッタリ!「ストロベリーライフ」のきゅうりの挽き肉炒めをつくりました

こちらの記事で紹介した『ストロベリーライフ』に出てくるきゅうりの挽き肉炒めをつくりました。  

bookinlife.hatenablog.com

農家のお母さんが、規格外とはじかれて残ったきゅうりをなんとかしようと考案したメニューとして出てきます。

肉そぼろにきゅうりを加えたものですが、味付き挽き肉が食をそそりつつ、シャキシャキのきゅうりでサッパリ食べやすく、水分補給もできてしまいます。

暑い日が増えてくるこれからの季節にピッタリです。ぜひ、お試しください。

 

きゅうりの挽き肉炒め

f:id:BookInLife:20190607225543j:plain

 

材料:

  • きゅうり
  • 挽き肉
  • 醤油、酒、みりん、砂糖

 

作り方:

  1. きゅうりを粗め長めの千切り(冷し中華の具ぐらい)にします
  2. 挽き肉を適量の醤油、ごく少量の酒、みりん、砂糖とともに炒めます
  3. きゅうりを加えて、しんなりしたら完成です
  4. ご飯にのせて召し上がれ

 

試作メモ:

  • 挽き肉は濃い目の味付けにすると、食をそそります。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

  

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

 

理不尽には団結してあたれ!

あなたは「こんなのおかしいよ! 」って思ったとき、どうしていますか。

大きな声で抗議しますか。それとも泣き寝入り?

きょうは、団結して闘う!をテーマにご紹介します。

 

畠中恵さんの『ちょちょら』

多々良木藩の間野新之介は、亡き兄の後を継いで江戸留守居役につきます。平々凡々な自分に留守居役の大役が務まるかと不安を抱えているところに、幕府から多大な費用負担を強いるお手伝い普請が命じられるという秘密情報をつかみます。藩財政は既に困窮していて、引き受ける余裕はありません。藩を救うためには...そこで新之介が思いついた秘策とはなんだったでしょうか。新米留守居役の奮闘記です。 

ちょちょら (新潮文庫)

ちょちょら (新潮文庫)

 

新之介は全藩が逃れる「総抜け」を思いついて、他藩の留守居役たちを集めて協力を呼びかけますが、猛反対する藩あり、残りは消極的な賛成といったところ。共通する困りごとを抱えていても、なかなか手を取り合うことはできないものです。

新之介を支える裕福な商人、青戸屋は「総抜け」を聞いてこう言います。

本当にやりおおせましたら、江戸留守居役の皆様の間に、この後の財産ともなる結束が生まれましたでしょう。

何か大きなことを成し遂げるときは、結束して一丸となってあたることが必要だけれど、結束は最初からあるわけではなくて、一緒に立ち向かっている中で生まれます。

 

映画『パレードへようこそ(Pride)』(マシュー・ウォーチャス監督、ベン・シュネッツァーさん主演)

ロンドンで暮らすゲイのマイクは、炭鉱労働者のストライキをニュースで知って、ゲイ仲間に支援しようと呼びかけます。彼らの敵はサッチャーと警察、僕らと一緒だ。

マイクと仲間たちが募金活動をしたり精一杯の支援をしますが、炭鉱労働者の中にはゲイやレズビアンからの支援を受けるのを嫌がる人が出てきます。弱者の世界にも偏見や差別があるのか。助け合うって、どういうことなのでしょうか。

正義のために闘う。弱者のために、友のために闘う。 何が相手であれ、簡単なことではありません。闘うのにはエネルギーがいるし、結果の保証はありません。

でも、諦めきるのは早いです。 『パレードへようこそ』は実話に基づく友情ストーリーですから。

誰かを想う純粋な気持ちは通じるし、めぐり巡って自分のところに返ってきます。

 

 【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。