Book In Life 迷子の本棚

読書で心を癒しましょう。テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています。本に出てくるお料理の再現にも挑戦しています。

染みかどうか、決めるのは自分

あなたが好きな家事はなんですか。

炊事、洗濯、掃除。家事の中のいちばん人気は、洗濯だそうです。シャツもタオルも、みんな綺麗になると気持ちいですものね。いちばんの不人気は、掃除。達成感を得にくいから。これも分かる気がします。

  

野中ともそさんの『洗濯屋三十次郎』

中島クリーニングの店長を先代の次男、三十次郎が引き継ぎます。洗濯の知識がなくマイペースで覇気のない、名ばかりの店長です。店自慢の染み抜き技術は、ベテラン職人の荷山長門が担っています。 

亡くなったおじいちゃんの気配を感じたいという女の子、子供の成長を遡っているかのような汚れ物を持ち込む熟年女性。心優しい店長と昔気質の職人のクリーニング店を舞台に人間模様が描かれる心温まるストーリーです。 

洗濯屋三十次郎

 

三十次郎の人柄が良く分かる、こんなセリフがあります。

じゃましない染みは、染みじゃない。 

ランチの際にできた汚れは、ランチの思い出。ダンガリーシャツに散ったぼやけた色抜けは、空に浮かぶ雲みたいな「ちょっと気の利いたアクセント」だから染み抜きは必要ないと言うのです。

いかにも能天気でお気楽に聞こえますが、三十次郎にも後悔してやまない過去があることが分かると、実に意味深い言葉として響いてきます。

受け入れようと、受け入れまいとあがこうと、過去は雲みたいな顔でそこに浮いているんですなぁ

これは『洗濯屋三十次郎』の後半で、ベテラン職人の長門の、誇れない過去が明らかになったときの長門のつぶやきセリフです。

私たちは、過去の積み重ねで出来ています。過去に起きたこと、起こしてしまったことを変えることはできません。けれど、自分史の「ちょっと気の利いたアクセント」そんな風に考えられたら、少し気もちが楽になります。  

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

冷蔵庫が空っぽなときに最適! 「ルリユール」のレモンバター・パスタをつくりました

こちらの記事で紹介した『ルリユール』で、主人公の少女、瑠璃が「(冷蔵庫には)レモンとバターくらいしかない(からチキンラーメンを食べる)」という魔女宅で「もう少し美味しいものを作れるかもしれないんですが...」と言って作るレモンバター・パスタをつくりました。 

bookinlife.hatenablog.com

小説の中で、魔女のクラウディアは、ほっぺたが落ちそうな顔をして「こんなに美味しいもの食べたの、百年ぶりみたいな気がするわ」と喜びました。

この喜びぶりはやり過ぎ感がありますが、冷蔵庫が空っぽなときの応急メニューとしては上出来です。

紅茶ならレモンティ、唐揚げにはレモン汁をかけるという方なら、お好みに合うと思います。ぜひお試しください。 

 

レモンバター・パスタ

レモンバター・パスタ

 

材料:

  • レモン 2つ
  • バター 一塊
  • パスタ 二人前
  • 胡椒、醤油

 

作り方:

  1. パスタを茹でます
  2. パスタが茹で上がるまでの間に、レモンを絞ります
  3. 茹で上がったパスタに、レモン汁をたっぷりとかけ、
  4. バターをのせて、菜箸で急いでまぜます
  5. 胡椒を多めにかけます
  6. お好みで、ちょっとお醤油をかけます

 

試作メモ:

  • レモンを絞る代わりに、レモン果汁を使いました。 お料理をしないクラウディアさんの冷蔵庫にレモンだけあるのって、ちょっと不自然ですよね。レモン果汁なら、買い置きができるので、まさに冷蔵庫が空っぽなときの救世主レシピになります。
  • 茹でたてで熱々のパスタで、バターを溶かすのがコツです。
  • パスタの色だけで寂しいので、バターを一片と桜エビをぱらりとかけました。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

心の穴を繕う方法が見つかりました

あぁ、あんなこと言うんじゃなかったって後悔することありますよね。
後悔がどっしりと心に根を下ろして、言ってしまう前とは世界が変わってしまったかのよう。この先ずっと、

 

村山早紀さんの『ルリユール』

中学生の瑠璃は、夏休みに訪れたおばあちゃんの家のある風早の街で、古いお屋敷に迷い込みます。そこは、傷んだ本を元取りに修理する「ルリユール黒猫工房」。

瑠璃は、ルリユールを教えて欲しいと弟子入りします。古びて汚れた大昔の本、頁が抜けてぼろぼろの図鑑。傷んだ本が見事によみがえり、本の持ち主の心、そして瑠璃の心も癒されていきます。優しい魔法のファンタジーストーリーです。

ルリユール (ポプラ文庫ピュアフル)

私たちが人と関わり合って生きていく中では、どんなに注意していても、傷ついたり、誰かを傷つけたりすることがあります。

『ルリユール』には、「あんなこと言うんじゃなかった」 という後悔を抱えた人がたくさん出てきます。

後悔でぽっかり心に穴を抱えた人に、気にすることないよ、あなたは悪くないよと伝えても、慰めにはなりません。 

けれど、傷んだ本を繕うように、穴の空いた心も繕うことはできます。

わたしはたぶん、この世界に美しいものをひとつでも作り出したいんだ。

瑠璃の心の中には、どうしても埋まらない穴のようなものがある。

(中略)

どんなに楽しいことがあっても、素敵なモノを見ても、心の中にあることはできない、深くて痛い穴。

その穴が、美しいものをつくったらふさがるような気がするのだ。

傷ついた本を治し、綺麗なアルバムを作ることで、喜んでくれる誰かの笑顔を見れば、楽になれる気がする。 

白いペンキに墨を一滴たらしたら、純白ではなくなります。でも、白いペンキをさらに足したら、元の白い色に近づいていきます。

一度、口から出てしまった言葉をなかったことにはできないけれど、心に空いてしまった穴をなかったことにはできないけれど、美しいこと、綺麗なこと、優しいことに触れていたら、心の穴を繕っていかれます。

純白は美しい。少し他の色が混ざった白も、風合いがあって美しいと思います。 

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

幸せに暮らすために何ができるか

3月20日は、幸せの日「The International Day of Happiness」です。国際連合で満場一致で採択された、幸せについて考えたり、感謝する日です。

あなたは、世界中の人が幸せに暮らすために何ができると思いますか。 

 

キャサリン・ライアン・ハイドさんの『ペイ・フォーワード 可能の王国(Pay It Forward)』 

12歳の少年トレヴァーは、社会科の授業で「世界を変える方法を考え、それを実行しよう」という課題を与えられて、ペイ・フォーワード計画を思いつきます。ぼくが三人の人に何かいいことをする。お返しをしたいって言われたら、その分を他の人に返して欲しいって頼む。それぞれが別に三人のために何かをする。そんな風にして助けあいの輪を広げていけば世界は変わるはず。トレヴァーの計画はうまくいくのでしょうか。

ペイ・フォワード (角川文庫)

ペイ・フォワード (角川文庫)

 

  

『ペイ・フォーワード』は、名子役 ハーレイ・ジョエル・オスメントさん主演で映画化されて大ヒットしました。

原作では、トレヴァーに課題を出す教師は、黒人でベトナム戦争で顔の半分が吹き飛ばされ、外見にコンプレックスを抱えていますが、映画では、名前が変わり、白人俳優のケビン・スペイシーさんの役になっています。ストーリーが少し簡素化された分、ペイ・フォーワード計画により焦点があたっています。 

 

映画『ペイ・フォーワード(Pay It Forward)』

(ミミ・レダー監督、ハーレイ・ジョエル・オスメントさん、ヘレン・ハントさん、ケビン・スペイシーさん主演)

ペイ・フォワード(字幕版)

 

ルーベン先生に「人のためになることというのは、どういうことなのかな?」と聞かれたのに対して、トレヴァーは、こう答えます。

ただ、そのへんを見まわしてみればいいんだ。

そうすれば、何かを必要としてる人が見つかるよ。

人のためになることをしたいと思っていても、なかなか行動を起こせなかったりします。それは、良いこと=たいそうなこと、という思い込みがあるのかもしれません。

でも、何かを犠牲にしたり、我慢して実現する助けは、続けられません。身近なところから、できることから始めて、この世界に親切を1つずつ増やせば良いのです。

 ちょっとした親切に出会う頻度が増えたら、この世界はずっと住みやすくなります。 

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

コーヒー豆を挽くと覚醒します

あなたは、気晴らしと言われたときに、何を思い浮かべますか。 

心を静めたい、集中して考え事をしたい。そんなときはコーヒー豆を挽くといいみたいです。

 

岡崎琢磨さんの『珈琲店タレーランの事件簿

コーヒー愛好者の青山は、恋人と喧嘩別れをした直後に入った珈琲店タレーラン」で、探し求めてきた珈琲の味に出会います。この理想的な珈琲をいれたバリスタは、笑顔の素敵な女の子、切間美星。これは運命だ。

青山が、美星の気を引こうと「タレーラン」に日常の謎を持ち込み、美星がコーヒー豆を挽きながら解く、そんな日々が始まります。青山君の恋は実るのでしょうか。

気軽に読める日常ミステリです。

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

バリスタの美星がコーヒー豆を挽きながら推理するというのが、この小説のお決まりポーズで、「たいへんよく挽けました」が決めセリフです。

ポパイは、缶詰のホウレンソウを食べて、筋肉モリモリになって危機を脱しますが、コーヒー豆を挽くという行為にも、能力を覚醒させる力があるのでしょうか。

こたえはイエス

友だちと夢中になって電話で話した後で、メモ用紙に枠線をつけていたり、へんてこな模様を描いていたことに気づいたことはありませんか。

心が乱れているときや考え事に集中したいときは、単純作業をするのがお勧め。

手を動かすことで、集中しやすくなる一方で、単純作業なので全く別のことを考えることができるのです。コリコリコリという控えめな音や芳しい香りも、心を鎮める助けになります。

コーヒー豆を挽く以外にも、お習字の墨をすったり、野菜を刻んだり、アイロンがけやお掃除も適しています。

音が出ない作業をするときは、低音量で音楽をかけるのもOK。ラジオや歌詞のある曲は、かえって気が散るので不向きです。

香りを加えるときは、柑橘系のすっきりとしたものが向いています。

頭の片隅に入れて、参考になさってください。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。