Book In Life 迷子の本棚

テーマにあった本や映画の紹介と、その本や映画を通じて考えたことをアレコレ書いています

狭き門をくぐる才能とは何か

あなたは、子供の頃、大人になったら何になりたいと思っていましたか。

世の中には、気持ちの強さだけでは、努力だけではなれない職業、ほんの一握りの人しかなることのできない職業があります。

そんな狭き門をくぐるのには、どんな才能が必要なのでしょうか。 

 

恩田陸さんの『蜂蜜と遠雷』

芳ケ江国際ピアノコンクールは、新しい才能が現れるコンクールとして名高く、世界中から実力のある候補者が集まります。

オーディションに、著名な音楽家ホフマンの推薦状を持った16歳の少年、風間塵が現れ、審査員の間を緊張が走ります。師匠ホフマンの音楽スタイルを真っ向から否定するような型破りな演奏。これを認めてよいのか。コンクールは 審査員もまた、音楽性や人間性が試される場なのです。

コンクール予選に出場する候補者は100人。風間塵の他、華やかな貴公子のマサル・C・レヴィ・アナトール、母親の突然死でピアノが弾けなくなった天才少女の栄伝亜夜、音楽家としてのキャリアをかけて挑む最高齢候補者の高島赤石も参加します。はたして、コンクールを勝ち抜き栄誉をつかむのは誰でしょうか。

丁寧に紡がれた文章で、頭の中をコンクールの演奏が流れ出します。美しい小説です。

蜜蜂と遠雷 

ピアニストの卵たちは、子供時代の時間のほとんどを練習に当て、楽器代、楽譜代、レッスン代等々のコストをかけ、親の期待を一身に受けて、プロとなる日を夢見ています。

狭き門であるがゆえに、技量の高さだけでは選ばれず、斬新な何か、個性が求められますが、狭き門であるがゆえに、過去の成功例にとらわれ、冒険を避けて、個性から離れていきます。苦しいジレンマです。

ピアノの演奏を音楽ホールで聴いた風間塵が、この音符の群れを広いところに連れ出してやりたいと呟くと、ホフマンはこう言います。

そうだな、今の世の中は、少し窮屈だな。

(中略)

音楽を閉じ込めているのは、ホールや教会じゃない。人の意識だ。

綺麗な景色の屋外に連れ出した程度では、「本当に」音を連れ出したことにはならない。

コンクールの候補者たちは、型にはまらない風間塵の演奏を聴いて、自分の音楽を再発見します。

私たちは、失敗を恐れるあまり、あるべき姿を探し回ってしまうけれど、本当は、あるべき姿なんて、どこにもありません。正しいとか間違っているとか、そんな区別はないのです。

狭き門をくぐる才能は、自分の感性を信じ続ける力なのかもしれません。 

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

食が「体」をつくり「命」をつくります

あなたが初めてお料理をしたのは、いくつでしたか。

阿久根知昭監督、広末涼子さん、滝藤賢一さん主演で映画化された『はなちゃんのみそ汁』のはなちゃんは4歳から始めたそうです。

はなちゃんのみそ汁 [DVD]

はなちゃんのみそ汁 [DVD]

 

 

安武信吾さん、千恵さん、はなさんの
『はなちゃんのみそ汁』

25歳で乳がんの告知を受けた千恵さんと家族の闘病記です。

千恵さんは、悪性がんを患ったことをきっかけに、食生活を見直します。食材を丸ごと使用するホールフードに傾倒して、スクールの開校に尽力したり、ブログ「早寝早起き玄米生活~がんとムスメと、時々、旦那~」を始めたりします。ひとり娘のはなちゃんには、家事を教え、4歳から包丁を握らせ、5歳で朝食を任せます。

はなちゃんのみそ汁

『はなちゃんのみそ汁』というタイトルに引っ張られてか、映画では、千恵さんがみそ汁をつくる約束したでしょと、遊びたがっているはなちゃんを叱っている場面が印象に残っています。なんで、みそ汁なのかな~と不思議になりました。

今回、原作を読んで、千恵さんが伝えたかったのは、彼女自身の気づき「食べることは生きること」だということが分かりました。みそ汁は、千恵さんの想いが受継がれたことを示すものでした。

食事の貧しさで、心も体も貪られていることに、気がつかなかったのだ。

がんになり、最初はたくさんつまずいたけれど。
私は、気がついた。
食が体をつくるのだ。食が命をつくるのだ。 

 私たちは食べたもので出来ています。食事を大切にすることは、自分を大切にすること。より良く生きることにつながっています。 

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

占いは救いになりますか

あなたは、悩み事を占い師さんに相談したことがありますか。経験のない方でも、占い師さんに相談したくなったことはあるのではないでしょうか。

きょうは、占いをテーマに紹介します。

 

春日武彦さんの『鬱屈精神科医、占いにすがる』

精神科医の著者は、耐え難い不安感を抱えていますが、同業者に悩みを打ち明けるのは気が進まず、占い師を訪ね歩きます。自らが抱える鬱屈を自己分析しながら、占いにすがりたくなる理由や占いの効用を考察するシニカルなエッセイ。 

鬱屈精神科医、占いにすがる

鬱屈精神科医、占いにすがる

 

悩みごとは、深刻な悩みほど、人に話すと楽になります。誰かに聞いて欲しいけれど、家族や友人、普段の生活で関わりのある人に話すのは抵抗がある。コメントに権威づけがあるのが望ましい。。。占い師は、そんな要望に応える絶好の位置にいます。

 

図子慧さんの『駅神』

京成金町線には、占い爺さんが気まぐれに出没します。いつ会えるという保証はないけれど、的中率は100%。占い爺さんを捜す人が駅に訪れます。

相沢章平は、占い爺さんを見つけて悩み相談をしますが、メモ用紙に数行の文章を書いて、謎めいた言葉を言われて、おしまい。それをどう解釈したらよいか分かりません。途方に暮れているところで、易学学校の理事長と偶然知り合い、解釈してもらうことになります。章平の悩みは解決するのでしょうか。 

駅神 駅神シリーズ (ハヤカワ文庫JA)

駅神 駅神シリーズ (ハヤカワ文庫JA)

 

章平は、易学学校の人たちが占い爺さんの本卦(占いの結果)の解釈をあーでもない、こーでもないと議論するのを聞いて、当人が不在になっていると不満をもらします。それに対して、こんなセリフが返ってきます。

易は相談する人なくては成り立たないんですよ。相談する人の状況によって、何百通りもの解釈があるんですから。

つまり、占いのアタリ、ハズレで問われているのは、占いの結果自体ではなく、結果の解釈なのですね。それならば、占いは、悩みにどっぷりつかって狭くなった視野を広げたり、凝り固まった見方を変えるきっかけになってくれそうです。

 

【関連記事】  

bookinlife.hatenablog.combookinlife.hatenablog.combookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

ちょっぴりフランス気分になれる!『穢れ舌』の「鱈のブランダード」をつくりました

こちらの記事でご紹介した『穢れ舌』で、主人公の紗英がパリに居た頃によく食べていた魚料理として出てくる「鱈のブランダード」をつくりました。 

bookinlife.hatenablog.com

 

干し鱈のブランダードは南仏ラングドック地方の郷土料理だったが、いまはフランス全土の家庭料理として定着している。

バケットやクラッカーにたっぷりのせて食べてください。冷めてもおいしいし、見かけよりもボリュームがあって、すぐに満腹になりますよ。

たらのブランダード

 

材料:

  • 干し鱈
  • ジャガイモ
  • オリーブ油、ニンニク、牛乳、生クリーム
  • 塩、コショウ

 

作り方(小説文中より):

  1. 干し鱈は、戻しておきます
  2. ジャガイモを茹でてマッシュポテトにします
  3. 鍋にオリーブ油とニンニクを入れて熱し、牛乳と生クリームと鱈を加えて煮崩したら、フォークでつぶします
  4. 1のマッシュポテトを加えて、塩コショウします

↓↓↓

作り方(試作アレンジ):

  1. ジャガイモとニンニクは、火を通しやすいように、小さく刻みます 
  2. 鍋に1と牛乳を入れて煮込みます
  3. ジャガイモが柔らかくなったら、火を止めて、オリーブ油と鱈を加えながら、つぶしていきます
  4. 塩コショウします

 

試作メモ:

  • 干し鱈が手に入らず、焼き鱈を使いました。 戻す手間が省けてグッドです。
  • 分量は、オリーブ油:大さじ1、ニンニク:一片、牛乳:140ml、生クリームは省略。塩コショウ:少々。
  • マッシュポテトをつくるのは大変なので、作る順番を変えました(試作アレンジ)。鍋ひとつで出来あがって、お手軽になります。
  • 鱈は、煮込みながら混ぜると焦げ付きやすいので、火を止めてから混ぜた方が良さそうです。
  • つぶす加減はお好みで。ジャガイモの形が少し残っている方が、ボリュームがあって食べ応えある仕上がりになります。つぶしが足らないとバラけてしまって、クラッカーにのりにくくなります。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

 

どこか遠くに行きたい、そんなときは・・・想像の旅に出てみませんか。

あなたは、外国を旅されたことがありますか。海外旅行には縁がないという方、暇がなくて行かれないという方、簡単にあきらめないでください。 

 

近藤史恵さんの『ときどき旅に出るカフェ』

アラフォー独身OLの奈良瑛子は、一人暮らしのマンション近くで小さなカフェを見つけます。メニューを広げると、見たことのない飲み物やお菓子の名前が並んでいます。

そこは、旅好きの店主、葛井円が旅先で見つけたおいしいものを出すカフェでした。勧められて飲んだオーストリアの炭酸飲料アルムドゥドラーは、好みの味。瑛子の想像が、ヨーロッパの音楽の都へ、行ったことがなく、一生行くこともないかもしれない場所に飛んでいきます 「なんか旅に出てるみたい」

瑛子はカフェを気に入って頻繁に訪れるようになり、珍しいスイーツをきっかけに、小さな事件を目撃します。

ときどき旅に出るカフェ

昨日と今日、今日と明日。私たちは、代わり映えのしない日々を送っています。毎日ハラハラドキドキして過ごすわけにはいきませんから、明日が予測できることは、とても幸せなことです。けれど、単調で刺激のない日が続くと、モノの見方も凝り固まっていきます。

旅好きの店主の葛井円は、こう言います。 

旅に出ると、(中略) 自分が知らないことがたくさんあることを知らされるし、自分が常識だと思っていることが、世界のどこでも同じではないこともわかる

毎日に刺激が足らないと感じたら、外国に目を向けてみませんか。海外旅行に行くのが難しいときは、外国の料理やスイーツを食べられるお店を訪れてみませんか。

瑛子は、 旅を感じられるカフェが気に入って、こう考えます。 

ここは入り口なのだ。海外には簡単に行けなくても、世界が広いと知るための場所。 

未知の世界への扉、常識の檻を打ち壊すきっかけは、すぐそこにあります。

 

【関連記事】 

bookinlife.hatenablog.com

bookinlife.hatenablog.com

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。